さん(する)

掲載日:2019/03/14

ベルリンの街を一望!女神がいる戦勝記念塔にいってみよう

ドイツ語でジーゲスゾイレと呼ばれる戦勝記念塔 (ベルリン)はドイツ首都ベルリン中央に広がる公園「ティアガルテン」のまさに真ん中にそびえ立つ、高さ約70メートルの石造の塔です。塔の頂上に立つのは金色の像は勝利の女神ヴィクトリアで、太陽に光り輝く姿がベルリン市内から見ることができます。神々しい女神の像が印象的なことや、展望台が設けられていることからも、観光客には人気のスポットとなっています。

カテゴリ:スポット エリア:ヨーロッパ  ドイツ  ベルリン キーワード: 絶景 公園 映画 観光地 自然 都市 野外

ABガイド:yuca

yuca
東京生まれボリビア育ちベルリン経由メキシコシティ在住。世界の文化遺産保護の研究をするためドイツの大学院に在籍。現在研究でメキシコシティに滞在中。ベルリンと愛するメキシコの素晴らしさをもっと伝えるため現地情報やカルチャー情報を中心に発信していきます!

ドイツの平和を願う「戦勝記念塔」

ドイツの平和を願う「戦勝記念塔」

この戦勝記念塔はその名のとおり、デンマーク戦争や普墺戦争、普仏戦争の戦勝を記念してたてられました。「戦勝記念塔」は、第二次世界大戦の際には戦いの場になったこともあり、焦げ跡や弾痕など生々しい戦争の爪あとが残っています。戦いが絶えなかったドイツにとって戦勝記念塔は戦争を乗り越えドイツがまとまったことへの祝福のシンボルでもあります。

名作映画にも登場

名作映画にも登場

戦勝記念塔はベルリンのシンボル的存在でもあるモニュメントでもあります。ヴィム・ヴェンダース監督の映画「ベルリン・天使の詩」では、天使が戦勝記念塔の女神像に座り、ベルリンの街を静かに眺める印象的なシーンが出てきます。ベルリンを代表するモニュメントが登場するシーンとして、この映画にはなくてはならないシーンのひとつです。

実は穴場スポットの展望台に行こう!

実は穴場スポットの展望台に行こう!

ベルリンの展望台といえばテレビ塔のイメージが強いので、忘れられがちですが戦勝記念塔の上にも展望台があり上ることができます。そしてなんと入場料も3ユーロとかなり良心的。ただし、285段の螺旋階段を自力で登らないといけません。かなり狭いうえに上る人と下る人がすれ違うので、足元には要注意です。

ベルリンの街を見渡す絶好のスポット

ベルリンの街を見渡す絶好のスポット

がんばって登ると疲れも吹っ飛ぶくらいの絶景が!展望台からはベルリンのパノラマビューが見ることができます。あまり高いビルがないベルリンでここまで見晴らしのよい景色を見られる場所はほかにあまりありません。ブランデンブルグ門やテレビ塔など、ベルリンのランドマークも見渡せます。

ティアガルテンは都会のオアシス

ティアガルテンは都会のオアシス

ティアガルテンはベルリン最大級の公園で、動物園や水族館もあり、ベルリン市民の憩いの場です。夏は青々とした木々が爽やかな景観をつくりだし、秋は紅葉があたり一面を彩ります。冬は雪が積もり真っ白になった公園が銀世界を演出し、季節ごとに異なる顔を見せてくれるティアガルテン。都会のど真ん中にあるのに自然を感じることができます。

異国の地にいると自分がどこにいるかわからなくなるものですが、こうして上から一望すると必然と自分の位置がはっきりとするので、土地勘がつかめるような気がしますね。

アクセス:

アクセス:

戦勝記念塔へはベルリンの主要な観光スポットを通ることで知られる市バスの100番ルートでもいけます。バス停留所は「 Grosser Stern 」です。地下鉄などの最寄駅もありますが、近辺にはブランデンブルグ門や、国会議事堂などの観光スポットもあるので、ティアガルテンを散歩しながら1日かけて周辺の観光地めぐりをするのがおすすめです!

戦勝記念塔の基本情報:

戦勝記念塔の基本情報:

住所: Strasse des 17. Juni/ Grosser Stern
開館時間 : 季節によって異なる(公式ウェブサイト要確認)
入場料:3ユーロ
最寄り駅: Sバーン Bellevue 駅など
ホームページ:: http://www.berlin.de/orte/sehenswuerdigkeiten/siegessaeule/

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索