page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2019/09/04

国際都市ベルリンで世界のストリートフードに舌鼓!

国際豊かなベルリンでは世界中の食べ物が食べられることで、ヨーロッパの中では世界中を旅し、舌の肥えた人も満足させるグルメな街としても知られています。中でも本場の味にも負けないストリートフードがたくさん!今回は、地元ベルリンのストリートフードに加え、ベルリンで食べられる世界中のグルメなストリートフードをご紹介します!

カテゴリ:グルメ/スイーツ エリア:ヨーロッパ  ドイツ  ベルリン キーワード: おいしい 珍しい 安い 甘い 辛い 食べ物

ベルリンのソウルフード「トルコのドネルケバブ」

ベルリンのソウルフード「トルコのドネルケバブ」

トルコ系移民の多いドイツでは定番の「ドネルケバブ」。くるくる回るロースターでローストされたお肉と、たっぷりの野菜をピタパンでサンドしたストリートフードです。

パンから溢れるほど具沢山で野菜もお肉もたっぷりボリューミー!お値段も3、4ユーロとかなりリーズナブルなのでおやつにもランチにもぴったりです。

ドイツの代表は「カリーブルスト」

ドイツの代表は「カリーブルスト」

ベルリン発と言われている「カリーブルスト」はドイツのB級グルメの代表的存在!グリルソーセージに特製ソースとカレーパウダーがかかったストリートフードで、街角のフードスタンドやキオスクなどで食べるのが真のベルリン流。

ソーセージは皮付きか皮なしか選べて、パン付きのものや、ポテトフライがセットになっているのが一般的。たっぷりかかったソースも最後までペロリと食べてしまいます!

ピリ辛不思議食感「インドのパニプリ」

ピリ辛不思議食感「インドのパニプリ」

インドの定番おやつの揚げ菓子「パニプリ」は、「パニ」は水、そして「プリ」は中が空洞という意味です。その名の通り、カレー風味の具材が空洞になったパフのようなものに詰められ、添えられている液体を注ぎ入れて一気に食べます。お菓子とはいえ、甘い、辛い、酸っぱいなど色々な味が一度に楽しめます。不思議な食感と多様な味のミックスが癖になります!!こぼれないように気をつけて!

インドでは屋台のスナックとして定番ですが、ベルリンでも数多くあるインド料理屋さんで食べることができます。

世界中で愛される「メキシコのタコス」

世界中で愛される「メキシコのタコス」

タコスといえば世界中で人気のメキシコのストリートフードです。日本でも最近人気が高まっていますが、アメリカ風のいわゆる「テックスメックス」が主流。ベルリンでは本格的なメキシコのタコスが食べられます。
小麦粉ではなく、トウモロコシでできた柔らかいトルティーヤに肉汁たっぷりの豚肉「カルニータス」がのったタコスが絶品です。添えられたライムとサルサをたっぷりかけて。

メキシコの食べ物にはメキシコのビールが相性抜群!

日本でもおなじみ「ベトナムのフォー」

日本でもおなじみ「ベトナムのフォー」

ベルリンにはベトナム人の移民も多いため、ベルリンにはたくさんベトナム料理屋さんがあり、ベトナム本場の料理が食べられます。

「フォー」といえばベトナム料理の定番ですが、本場では屋台などでサクッと食べられる国民的メニューでもあります。生の唐辛子や、ライム、ミントやバジルなど何種類ものハーブがどっさり添えられてくるのが本場流。お好みで加えて味を変えながら食べましょう。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/09/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索