page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2021/01/13

ベルリン近郊の紅葉の名所「ブラニッツ公園」に行こう!

ブラニッツ公園はベルリンから電車で1時間半ほどに位置する「コトブス」という都市の郊外にあります。芸術に精通した貴族が月日をかけてつくりあげた美しい広大な英国風の公園は地元の人だけでなく、自然を愛する多くの観光客が訪れる行楽地です。18世紀に建設された「ブラニッツ城」があることでも知られ、秋には園内が真っ黄色に染まるほど美しい紅葉を楽しむことができます。そんなブラニッツ公園のみどころをご紹介!

カテゴリ:スポット エリア:ヨーロッパ  ドイツ  ベルリン キーワード: 絶景 公園 きれい 名所 野外

紅葉が美しい「ブラニッツ公園」

紅葉が美しい「ブラニッツ公園」

約20万人以上の来園者がやってくる人気の観光地。紅葉の時期は気候もよく、とくに人気シーズンとなります。また、公園の中には1770年から1772年の間に建てられたバロック様式の宮殿があり、博物館として公開されています。入るコトのできる部屋の中では当時の暮らしの様子を再現し展示しています。さらに、絵画のコレクションも展示されています。

落ち葉のカーペット

落ち葉のカーペット

真っ黄色に染まっているのは木々だけではありません。ふと足元に目をやるとそこにも真っ黄色に輝く地面が。まさに落ち葉のカーペット!落ち葉の土っぽい香り、そしてふかふかな感触も心地よく、散歩する足も軽やかに。

紅葉と空の色とりどりのキャンバス

紅葉と空の色とりどりのキャンバス

景観を彩ってくれるのは色とりどりの紅葉と晴れわたった青い空。清々しい秋の日はただ自然の美しさに身を委ねたくなります。公園には白鳥が優雅に泳ぐ湖や丁寧に手入れされた花壇など癒し空間が広がります。ベルリンから少々晴れていますが、喧騒から離れリラックスした時間を過ごせるコト間違いなし!

水に浮かぶプラミッド?

水に浮かぶプラミッド?

この美しい公園の景観はドイツの貴族ヘルマン・ルードビヒ・ハインリヒ・フォン・ピュックラームスカウ(Hermann Ludwig Heinrich von Pueckler-Muskau)が英国風に手がけました。現在ユネスコの世界遺産の登録に向け準備中だとか。

ヘルマンは自分が愛した公園内につくらせたピラミッドの内部に妻と一緒に埋葬されています。このピラミッドは湖の中央に位置し、まるで水の上に浮かんでいるよう!

ブラニッツ公園の行き方

ブラニッツ公園の行き方

ベルリンからコトブス行きのRE列車に乗ります。終点で下車し、コトブスから10番バスに乗り,「Branitz Schloss」で下車します。

ベルリン観光でコトブスに行く機会はあまりないと思いますが、美術館や動物園もあり、シュプレーヴァルドなど有名な観光地も近くにあり、ついでに訪れたり、紅葉の時期に手軽に自然を満喫したくなったらぜひ足を運んでみては?

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2021/01/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索