page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2021/01/15

環境に優しいベルリンのパッケージフリーショップ「Original Unverpackt」

環境問題のなかでもとても深刻なのがゴミ問題。特に自然に還ることのないプラスチックゴミの大量廃棄が長年問題視されています。そんなプラスチックゴミを減らすため近年活発になってきているパッケージフリー運動。今回は環境問題に積極的に取り組むドイツの首都ベルリンにあるパッケージフリーショップの先駆け「Original Unverpackt」をご紹介します!

カテゴリ:ライフスタイル エリア:ヨーロッパ  ドイツ  ベルリン キーワード: 珍しい 雑貨 ナチュラル 専門店 食べ物 生活

完全パッケージフリーのお店

完全パッケージフリーのお店

近年日本でもやっとレジ袋が有料化されましたが、欧米ではレジ袋有料はもはや当たり前。持続可能な社会を目指すサステナビリティが訴えられる昨今、注目を集めているのはパッケージなしで商品を販売するスタイルのお店です。パッケージフリーショップ(Package Free Shop)やバルクショップ(Bulk Shop)などと呼ばれ、プラスチック容器などのゴミを減らすことで、「ゼロ・ウェイスト(ゴミゼロ)」のライフスタイルを提唱しています。

意識高いベルリナーたちにはもう当たり前

意識高いベルリナーたちにはもう当たり前

環境先進国としても知られるドイツ。特に大規模な環境問題のデモが行われるベルリンで、住民たちにとっては日常的に分別やリサイクルは当たり前。ゴミを減らす運動にも積極的に取り組んでいます。そんなライフチョイスを支えるパッケージフリーのお店が選ばれるのも自然なこと。ベルリン市内の便利な中心地にある「Original UnverPackt」もベルリナーたち御用達です。

ゴミを出さない生活をめざす

ゴミを出さない生活をめざす

普段意識していなくてもふと周りを見ると、いらない包装紙やパッケージで溢れています。いくらお家でゴミを出さない生活を送ろうと努力しても買ってきたものが何重にも包装されていたらゴミは出るばかり。かといってスーパーでパッケージだけ捨てていくのでは意味がない。そんなジレンマを解決してくれるのが、包装されていない商品を販売するパッケージフリーのお店です。

量り売りはいいことだらけ!

量り売りはいいことだらけ!

パッケージフリーのお店はあらかじめまとめて包装されていないので、使い回しできる容器に必要な分を量って購入します。量り売りの良いところは、容器を持参することでプラスチックごみが出ないだけでなく、必要な分だけ買えるので無駄がでないなど、利点がたくさん!

オイル、お酢、スパイス、穀物類も全て量り売り。パスタもバラ売りです!一人暮らしで大量の食材を必要としない人にもぴったりですよね。普段あまり使わない食材も少量なら手が出しやすいので、必要な分だけ量って購入できるのは嬉しいポイントです。

購入方法はカンタン!

購入方法はカンタン!

購入方法は簡単!持ってきた容器に欲しい商品を必要な分だけ入れてお店の量りで重さを量ります。商品によって価格が違うのでそれぞれの金額が計算され、レジで合計金額を支払います。手持ちの容器がなくてもその場で大小のビンも別途購入できますよ。このようなパッケージフリーのお店は日本ではまだ珍しいので、ベルリンを訪れた際はぜひ覗いてみては?

環境にやさしい雑貨はお土産にぴったり!

環境にやさしい雑貨はお土産にぴったり!

「Original Unverpackt」で販売されているのは食材だけではありません!環境に配慮したキッチン雑貨やコスメ、洗剤などの生活用品も売られています。もちろんこれらもパッケージフリー。洗剤やシャンプーも必要な分だけ容器に詰め替えて購入です。オーガニックな石鹸や、洗って繰り返し使えるビーワックスのエコラップなど気になるアイテムがたくさんあるので、観光客として訪れた際はこのような雑貨もお土産としてちょうどいいですね!

<基本情報>

<基本情報>

住所: Wiener Strasse 16, 10999 Berlin, ドイツ
営業時間:11:00 - 20:00 (日曜定休)
アクセス:地下鉄 U バーン「Gorlitzer Bahnhof駅」下車徒歩3分

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2021/01/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索