page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ベルリン・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

最高の「モーニングライフ」を楽しむ ドイツの朝カフェ


掲載日:2008/02/29 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: ドイツ / ベルリン

タグ: おいしい カフェ 朝食


フリューシュトゥック(Fruehstueck:朝食)

3段重ねのお皿に盛られた朝食を友達と食べるベルリンっ子。夕食ほど時間を取られずに会えるため、友達同士の待ち合わせも朝食にすることがよくある 3段重ねのお皿に盛られた朝食を友達と食べるベルリンっ子。夕食ほど時間を取られずに会えるため、友達同士の待ち合わせも朝食にすることがよくある

旅の中でナイトライフを楽しむことは頭にあっても、朝の時間を贅沢に使うことはうっかり忘れがち。ドイツの朝食は、至福の時間。この時間を存分に楽しむために、旅に出る人もいる程愛されている。ドイツの殆どのカフェには朝食メニューがありお昼のランチメニューに切り替わる時刻まで注文することが出来る。カフェ文化が盛んなベルリンでは朝食といっても夕方4時、5時まで注文可能なカフェが多い。

朗らかな気分が集まって醸し出す至福の時間

卵朝食。どんなカフェでも盛り付けが上手。ハーブティーも凝ったものが多く、乾燥させたリンゴがそのまま入っているアップルティーや、ミントの葉っぱをごっそり入れたミントティーなどは香り豊かで朝にぴったり 卵朝食。どんなカフェでも盛り付けが上手。ハーブティーも凝ったものが多く、乾燥させたリンゴがそのまま入っているアップルティーや、ミントの葉っぱをごっそり入れたミントティーなどは香り豊かで朝にぴったり

朝食のメニューはどこのカフェでも基本は同じ。ソーセージやチーズの盛り合わせにパン、というのが基本であり、それ以外に卵料理(目玉焼き、スクランブルエッグ)、シリアル(大抵がヨーグルトか牛乳を選択出来る)のメニューが続く。中には「二日酔いの人へ」というメニューで、濃いエスプレッソとアスピリン、水が添えられているユニークな朝食を提供するカフェもある。朝食の過ごし方はみな様々だ。一人暮らしのおばあさんが、読みかけの小説を片手にやってきたり、若い夫婦が子供にスケッチブックを持たせてやってきて、のんびり朝ごはんを食べながらお絵かきをしている姿も見られる。また実家を離れた子供と久しぶりに家族団らんをするのにカフェでの朝ごはんが選ばれることもしばしば。こうして集まってくる朝ごはんの時間帯はみな気分が朗らかで、その雰囲気こそが他では味わえない至福の時間へと導いてくれる

冬でも外のテーブルまで一杯になる人気店 アナ・ブルーメ

カフェが立ち並ぶ地域にあっても一際目立つアナ・ブルーメ。花屋にもついつい立ち寄ってしまう カフェが立ち並ぶ地域にあっても一際目立つアナ・ブルーメ。花屋にもついつい立ち寄ってしまう

そんな素敵な時間を過ごせるカフェをご紹介しよう。朝食で有名なカフェ、「アナ・ブルーメ」。人気の秘密は、アールヌーボー調に飾られた店の雰囲気と朝食の質にある。ここの一番人気は「アナ・ブルーメ朝食」。3段重ねのお皿にチーズやソーセージの薄切り、サラミ、ペースト、フルーツ、野菜など様々な種類が彩りよく盛られた宝石のような朝食。フルーツも野菜も新鮮で、日本よりも水分を多く含んだキュウリは、メロンのように美味しい。それを引き立てるように違う種類のはいったパン籠が添えられる。また、カフェの横にはガラスのドアを介して通じているおしゃれな花屋さんがあり、カフェのメニューの中にも食べられるお花がたびたび登場する。アナ・ブルーメのあるKollwitzplatz(コルヴィッツプラッツ)、またカスターニエンアレー(Kastanienallee)は、東西分裂時代の東側に位置し、今では多くのカフェが並び、朝から夜まで若者で賑わう。

伝統あるカフェが残る旧西側地区

店員の親しみやすさも人気の秘訣。一人で新聞を読みながら朝食を取る人も多く見られる 店員の親しみやすさも人気の秘訣。一人で新聞を読みながら朝食を取る人も多く見られる

旧西側だと、宮殿のあるシャルロッテンブルク駅の近くに素敵な朝食が出来るカフェが並んでいる。その中でも駅のすぐ近くにあるLenzは各年齢層に愛されている素敵なカフェだ。ベルリンの古い建物の特徴である天井の高さが開放感を与え、優雅な気分になる。ここのフルーツシリアルは絶品で、フルーツの上にかける蜂蜜が朝の光を受けて黄金に輝く。シャルロッテンブルク地域は、高級住宅街ということもあり東地域よりもカフェの数こそ少ないが、落ち着いた雰囲気がある。ドイツの食べ物で一番美味しいものといえば、薄切りソーセージとパンだと答える人が多い。それを一番満喫できるのがまさに朝食。なかなか普段味わえない贅沢な午前中を旅の中に取り込もう。

【関連情報】

■ アナ・ブルーメ(Anna Blume)
住所:Kollwitzstrasse 83, 10405 Berlin
営業時間:朝8:00〜深夜2:00まで
電話番号:(+49) 30 44048 749
アナ・ブルーメ朝食(Anna Blumes Fruehstuecksetagere):2人前15,80ユーロ、3〜4人前19,50ユーロ
アクセス:地下鉄2番ゼーネフェルダープラッツ駅(Senefelderplatz)から徒歩8分

■ レンツ(LENZ)
住所:Stuttgarter Platz 20, 10627 Berlin
営業時間:朝9:00〜深夜1:30まで
電話番号:(+49)30 3241 619
アクセス:シャルロッテンブルク駅(Charlottenburg)から徒歩5分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索