page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ベルリン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

一度食べるといつの間にか虜に ベルリンで愛され続けるカレーソーセージ


掲載日:2008/03/19 テーマ:グルメ 行き先: ドイツ / ベルリン

タグ: おいしい グルメ 行列のできる店 肉料理


種類豊富なドイツのソーセージ

これが噂のカリーヴルスト。注意深く見ていると、町中でこれを手に歩いている人を沢山見かける これが噂のカリーヴルスト。注意深く見ていると、町中でこれを手に歩いている人を沢山見かける

ドイツ=ビール+ソーセージ!という公式は昔も今も変わらない。ドイツ人は毎日驚くほど種類豊富なソーセージを食べ、そこら中で安く買えるビールで喉を潤す。インビスと呼ばれるスタンドでは、どこの町でも焼きソーセージ(パン付き)が2ユーロ程で売られ、ちょっとお腹がすいたときには丁度いい量だ。そんなスタンドのソーセージの中でベルリンを中心にして人気なのが「Currywurstカリーヴルスト」、カレーソーセージである。

噂に聞いていたカレーソーセージの正体とは一体?

カリーヴルストは約1,5センチ幅にカットされるが、ソーセージを切る専用の機械まである カリーヴルストは約1,5センチ幅にカットされるが、ソーセージを切る専用の機械まである

カレーソーセージと聞いてどんなソーセージを想像するだろうか? はじめに聞いたときは、てっきりソーセージにカレー粉が練りこんである黄色くスパイシーなソーセージを想像した。しかし「ソースが決め手!」と言うからには、どうやらソースがあるらしい。実際に買いにいってみると、想像とはまったく異なるソーセージで驚く。見た目はソーセージのぶつ切りにケチャップをかけ、その上にカレー粉を振った、といった雰囲気だ。実は街中でこれを食べている人を何度も見かけたことがあったが、まさかこれが噂のカリーヴルストだとは思いもしなかった。しかし日本人がラーメンを食べたくなるのと、ベルリンっ子がカリーヴルストを食べたくなる頻度は同じくらい多いのだから、きっと何かがあるに違いない、と思って買うことにした。

食べてみないと語れない、味わい深いソースの味

東ドイツにカリーヴルストを広めたKonnopke’s Imbissは毎日行列 東ドイツにカリーヴルストを広めたKonnopke’s Imbissは毎日行列

食べてみると「なるほど」と納得。ケチャップのように見えるソースには、何種類のスパイスが混合されており、甘すぎず辛すぎず、ソーセージの味を感じる前に口全体にまろやかに広がる。そしてソーセージは、普通の焼きソーセージのように塩気が強くなく、噛むと解けるような柔らかさがある。それでいてソーセージの皮がパリっとしているから、全体的に引きしまる味に仕上がっているのだ。通常カリーヴルストはパン又はフライドポテトと一緒に食べる。これらは、このソースを十分に堪能できる必需品。たっぷりとかけられたソースをパンに付けたりポテトに付けたりして、ソースの味も楽しもう。

始まりは戦後ドイツ、ベルリンの小さなスタンドで

カント通りをすこし曲がったところに刻まれたHerta Heuwerの名前。カリーヴルストがいかに愛されているかの証拠だ カント通りをすこし曲がったところに刻まれたHerta Heuwerの名前。カリーヴルストがいかに愛されているかの証拠だ

このカリーヴルストは1949年にベルリンのスタンドでHerta Heuwerという女性が初めて売り出したと言われている。何種類ものスパイスを混ぜて作ったソースをかけてソーセージを売り出したところ、その辛さが人気を呼び、あっという間に広がった。現在このスタンドは存在しないが、彼女の素晴らしい発見に感謝して当時スタンドがあった場所には彼女の名前が記されている。東ドイツでこのソーセージを広めたと言われているのがKonnopke’s Imbiss。地下鉄Eberswalderstr.(エバースヴァルダーシュトラーセ)を出たところにあるこのスタンドでは、朝から夜まで営業時間内は常に行列。一度は食べてみる価値ありだ。カレーソーセージが特に愛されているのはベルリンの他にはハンブルク、ルール工業地帯であるが、ルール工業地帯では普通の焼きソーセージを切ったものにカレーソースをかけるタイプなので、多少塩気が気になる。日本でのラーメン食べ歩きもいいが、日本人の肥えた舌でドイツのカリーヴルスト食べ歩きを試してみてはどうだろうか。

【関連情報】

■ Konnopke’s Imbiss(カリーヴルストのスタンド)
住所:Schonhauser Allee 44a, 10435 Berlin-Prenzlauer Berg
電話:(+49)304427 765
営業時間:月曜日〜金曜日 6:00〜20:00、土曜日12:00〜19:00
値段:カリーヴルスト一本 1,60ユーロ、パン0,30ユーロ、カリーヴルストとフライドポテトのセット 3,10ユーロ
アクセス:地下鉄2番Eberswalderstr.(エバースヴァルダーシュトラーセ)を降りてすぐ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索