page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ベルリン・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

本当の機能を追及し教え続けた学校 世界遺産「バウハウス デッサウ」


掲載日:2008/04/09 テーマ:世界遺産 行き先: ドイツ / ベルリン

タグ: すごい! 世界遺産


バウハウスが残したもの

世界遺産に登録されているバウハウス デッサウ 世界遺産に登録されているバウハウス デッサウ

バウハウスというと、モダン・近代といったイメージがあるのではないだろうか。バウハウスは1919年から、ナチスにより閉校に追い込まれる1933年までの間に活動した美術学校であり、ドイツの工業デザインは勿論のこと、現代芸術に大きな影響を与えた。バウハウスを出発地点としてその後機能的な家、物というのは沢山作られてきた。そして機能が先行しすぎると、時にそれらは人間味を失った冷たいイメージをもたらす。しかし原点であるバウハウスを見学すると、ここに生きている哲学が温かみの溢れるものであることが理解できる。

是非受講してみたい!当時の授業内容

劇場。舞台に立って客席を眺めるとこんな図に 劇場。舞台に立って客席を眺めるとこんな図に

当時のバウハウスの授業がどれほど興味深いものだったのかは、建物の見学ツアーに参加するとよくわかる。授業は各方面から立体的に学ぶ方式であり、特に面白いと感じるのが学生たちによる劇場である。これは入り口からすぐにたどり着くホール(劇場)で開催され、出演者は勿論のこと、衣装もすべて学生によるものだった。通常だとバックステージとなる裏側は学生食堂になっている。はじめはここを楽屋として使用していたが、この劇が人気を集めるとなんと食堂をも臨時の客席にしてしまう。つまり舞台を中心に挟んで客席が両側にある形だ。こうすることによってチケットを倍売ることができたのだ。この劇場のユニークな点はまだまだある。通常劇場は光を必要としないので窓がない。しかしここには他の部屋と同様の大きさで窓がついている。これは、換気が人間の健康にとても大切であるために、大勢集まる劇場だからこそ窓をしっかりと付けて換気を行い、劇が行われるときは黒いカーテンでしっかりと光を遮断したのであった。

人間のリズムに合わせて生み出される家具たち

劇場の椅子は、見た目はすっきりとしているが、座ってみると驚くほど座り心地がよい 劇場の椅子は、見た目はすっきりとしているが、座ってみると驚くほど座り心地がよい

さて次に、家具の機能について見ていこう。まず劇場に備え付けてある椅子。折りたたみ式で場所に無駄なく、かつ美しく並ぶシンプルなデザインに見える。座ってみると程よいやわらかさと背もたれの角度が非常に心地良い。これなら劇を見ていても疲れることがないだろう。一方反対側にある学生食堂にある机を見てみると、通常よりも少し高く作られており、長く座っていようと思うと多少疲れる気がする。しかしこれは食堂に長居されないための工夫なのだそうだ。このように人間のリズムがまず大前提にあり、そこから家具が作られていく。また食堂のキッチンがガラス越しに見えるのにも訳がある。これは人間にとって重要な「食」が、誰によってどのように調理されているのかを見られるように、わざとガラスで作られているのだ。こうした一つ一つのこだわりが、結果的に立体感覚をつかめる人材に成長させていくのであった。

本当の機能について考える

基本的にバウハウスは白黒でデザインされるが、何かを区別するために、印として色を使用することがある。また建物にとって重要な水道管などの「器官」は写真のようにあえて目立つようにすることも。 基本的にバウハウスは白黒でデザインされるが、何かを区別するために、印として色を使用することがある。また建物にとって重要な水道管などの「器官」は写真のようにあえて目立つようにすることも。

機能的という言葉には、簡単・楽に使用出来るプラスの意味だけでなく、便利さを追求するあまりに失うものが背後に潜むマイナスなイメージが付きまとう。しかしバウハウスの目指した機能というのは、直接「便利」だと感じないことでも、総合的に人々にとって良い結果をもたらす機能を、いかにシンプルに表現するかを追求していたことが分かる。物がありふれて、本当に良いものを見分けることが難しくなっている現在だからこそ、原点を見学しにいく価値があるのではないだろうか。

【関連情報】

■ Bauhaus Dessau(バウハウス デッサウ)
住所:Gropiusallee 38, 06846 dessau
電話:(+49) 3406508 0
開館時間:10:00〜18:00
入場料:常設展4ユーロ、ガイド付き見学4ユーロ
※デッサウへのアクセス:ベルリンからデッサウ行き電車にのり約1時間50分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索