page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ベルリン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ドイツのじゃがいもが旨い!その名も「じゃがいも亭」で舌鼓


掲載日:2008/07/29 テーマ:グルメ 行き先: ドイツ / ベルリン

タグ: おいしい グルメ レストラン


ドイツ人はみんな大好きじゃがいも料理

じゃがいものシーフードピザ(7.50ユーロ約1300円)ポテトグラタン(8.30ユーロ約1400円)ハッシュポテトとラタトゥイユ(6.60ユーロ約1100円) じゃがいものシーフードピザ(7.50ユーロ約1300円)ポテトグラタン(8.30ユーロ約1400円)ハッシュポテトとラタトゥイユ(6.60ユーロ約1100円)

「ドイツ人といえばじゃがいも」「じゃがいもといえばドイツ人」といっても過言ではないくらいにドイツの人達はじゃがいもが大好きです。ドイツではじゃがいもをおかずとしてではなく、ごはんやパン、パスタと同じように主食として食べるので、家にじゃがいものストックがなくなると不安だというドイツ人も少なくないとか…。確かに、ドイツのじゃがいもは、ただ茹でただけのものでもおいしいです!! ドイツへ旅行すると一度は必ず口にするじゃがいもを、この際思いっきり楽しく食べてみませんか? そんな夢を叶えてくれる「じゃがいも料理専門」のレストランがローテンブルクにあるんです。

城壁外のじゃがいも料理専門店

じゃがいものコルドンブルー(Cordon-Bleu 7.30ユーロ約1300円)チーズハムカツを包んでいるパイがジャガイモなんです!これおいしかったー じゃがいものコルドンブルー(Cordon-Bleu 7.30ユーロ約1300円)チーズハムカツを包んでいるパイがジャガイモなんです!これおいしかったー

その店の名前はカルトッフェルシュトゥーベ(Kartoffelstube)、その名も「じゃがいも亭」!! レーダー門(Roedertor)から城壁を出てすぐ左にあります。城壁の外と言っても、町の中心マルクト広場から歩いて5分くらい、駅からも歩いてすぐなので城壁内の宿泊でも、駅前のホテルからでも行きやすい場所にあるレストランなのです。英語のメニューをもらってビックリ。1ページまるまるじゃがいも料理が載っています。じゃがいものピザ、ポテトグラタンだけじゃなくてじゃがいものコルドンブルーまであるんですよ! 数名で行って色んなじゃがいも料理を頼んでみんなで分けても全然飽きなかったです。

ローテンブルクの玄関口、レーダー門

電車でローテンブルクを訪れる人の玄関口、レーダー門(Roedertor)中世への入口です 電車でローテンブルクを訪れる人の玄関口、レーダー門(Roedertor)中世への入口です

カルトッフェルシュトゥーベの中庭は夏にビアガーデンに変身します。ここからは城壁とレーダー門が見えるので夏はやっぱり外でビールとじゃがいもがオススメです。さて、レーダー門は電車でローテンブルクを訪れる人の玄関口となっています。駅を下りて「あれっ全然ロマンチックな町並みじゃないな」とがっくりしていた旅人を待ちうけていたかのように突然現れるレーダー門は圧巻です。ここをくぐれば中世の世界が待っています。夜はライトアップもされていて、オレンジの光と門に住んでいる鳩が神秘的な風景を作り出しているのでカルトッフェルシュトゥーベでたらふく食べたあとはレーダー門付近の散策も面白いですよ。

【関連情報】

夏はビアーガーデンもあるカルトッフェルシュトゥーベ(Kartoffelstube) 夏はビアーガーデンもあるカルトッフェルシュトゥーベ(Kartoffelstube)

■ カルトッフェルシュトゥーベ(Kartoffelstube)
住所:Ansbacher Strasse7,91541,Rothenburg.o.d.T
電話番号:+49-(0)9861-2022
アクセス:城壁からレーダー門を出てすぐ左。駅からはレーダー門の手前右。
その他:英語のメニューあり。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索