page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ベルリン・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

本場ドイツの老舗の味!宮廷御用達のバウムクーヘンを食べてみたい!


掲載日:2012/07/25 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: ドイツ / ベルリン

タグ: カフェ スイーツ 名物


本場なのに簡単には見つからないバウムクーヘン。

宮廷御用達のバウムクーヘン!お持ち帰り用も販売してます。 宮廷御用達のバウムクーヘン!お持ち帰り用も販売してます。

ドイツ、ベルリンへやってきました。ドイツといえば、バウムクーヘンの本場です!ここはやはりバウムクーヘンが食べたい!と思ったはいいものの、普通にカフェやお菓子やさんに行ってもなかなか出会えません。実はドイツではそれほど一般的なお菓子ではないようで、特別な日に食べる特別なお菓子なんだそうです。それでも食べたい!ということで探しだしたのが今回ご紹介する老舗カフェ『Buchwald』。宮廷御用達のバウムクーヘン屋さんでもあります。1852年の創業以来、家族経営でレシピを守り続けているんだそうです。これは期待大!

セントラルから一駅、閑静な場所にありました。

天気がよかったので外のテラス席が人気でしたが、店内も素敵です。 天気がよかったので外のテラス席が人気でしたが、店内も素敵です。

カフェは川沿いの静かな場所にありました。老舗らしい、堂々とした店構えです。気持ち良いオープン席もありますが、さすがオープン大好きなドイツ人、こちらは満席でした。そして外から窓をのぞくとかわいいバウムクーヘンがずらりと並んで手招きを...しているように見えるので、さっそく中へ!店内では棚にバウムクーヘンが飾られ、ショーケースには大きなケーキが並んでいます。そして奥にはレトロで優雅な雰囲気のカフェスペース。地元のおばさま方がくつろいでいらっしゃいました。外もいいけど中も素敵です!

まずは基本のプレーン。お味の方は?

ちょっと多いかな?と思う量でもあっという間に食べれちゃいました。 ちょっと多いかな?と思う量でもあっという間に食べれちゃいました。

さて、ようやくバウムクーヘンとご対面です!プレーンタイプのものとチョコレートがけのものがあり、もちろん両方注文。まずはプレーンタイプ。ふわっとしているけどしっかりした生地。外側のマジパン部分もちょうどの甘さでおいしい!紅茶のお供に最適です。ちょっと多いかなと思ったのですがあっという間に完食。ちなみにドイツで紅茶を注文するとこのようなスタイルで出てくることが多いようです。(透明のグラス、上に小皿)紅茶好きとしては、こうして小皿で蓋をして軽く蒸しながら抽出できるのが地味に嬉しかったりします。

違う味でどちらもおいしい!お持ち帰りもオススメ!

チョコはビターで、中の生地はしっとり。日本のバウムクーヘンとはまたちょっと違った味です。 チョコはビターで、中の生地はしっとり。日本のバウムクーヘンとはまたちょっと違った味です。

お次はチョコレートがけの方をいただきます!こちらはチョコレートでコーティングされているからか、プレーンタイプのものよりも生地がしっとりめ。個人的にはこちらの食感の方が好みでした。チョコレートはビター系で甘さ控えめです。同じバウムクーヘンでもこんなに違うのかと感心しました。バウムクーヘン好きの方はぜひ両方食べ比べてみてください!また、お持ち帰り用もあるので、食べ足りない方はぜひ。日持ちするのでお土産にもオススメですよ。(ラベルに期限が書いてあるのでご確認の上ご購入くださいね)

【関連情報】

天気の良い日にはテラス席でくつろぐローカルのお客さんたちでいっぱい。ドイツ人になりきってテラス席でひなたぼっこしながらのティータイムもおすすめです! 天気の良い日にはテラス席でくつろぐローカルのお客さんたちでいっぱい。ドイツ人になりきってテラス席でひなたぼっこしながらのティータイムもおすすめです!

■Konditorei & Cafe G.Buchwald
住所:Bartningallee 29, 10557 Berlin
電話:030-391-59-31
時間:月-土 9:00-18:00 / 日祝 10:00-18:00
アクセス:SバーンBellevue駅からシュプレー川に向かって徒歩3分。Bartningallee通り沿い
URL:http://www.konditorei-buchwald.de/
Wi-Fi:無

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/07/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索