ドイツのファストフードといえば?

ファストフードといえば、ハンバーガーが浮かぶでしょうか。もちろんドイツにも、ハンバーガーショップのチェーン店があります。ですが、ドイツにがっちり根付いた地元色豊かなファストフードも人気です。ところで、ドイツ人はソーセージばかり食べているというイメージがありますが、実際そうです。ドイツでは、駅前によくソーセージスタンドがでていて、これが、小腹がすいたときにちょうどいいのです。紙皿にごろんと焼きソーセージを載せてもらい、ケチャップやマスタードは、ポンプ式の入れ物からセルフサービスでとるというスタイルが一般的です。ソーセージをパンに挟んで、パンごと紙にくるんでもらって、歩きながら食べている人もいます。お行儀は悪いですが、これが美味しい!

ドイツのファストフードは、ビールがすすんで困っちゃう! ドイツのファストフードは、ビールがすすんで困っちゃう!

ソーセージのチャンピオン

そんなファストフードとしてのソーセージのチャンピオンは、「カリーヴルスト」です。ようするに、カレーソーセージです。カレー粉を練りこんだソーセージではなく、ふつうのソーセージを一口大に切って、カレー粉とケチャップをかけたものです。単純な料理なのですが、意外な美味しさ! カリーヴルストは、ベルリンの名物ですが、ベルリン以外でも食べることができます。ですが、やっぱりベルリンで食べるのが一番美味しい気がします。私のお気に入りは、ベルリンのテーゲル空港にある屋台です。路面電車を改造していて、内部は狭いながらも客席もついています。ヨーロッパの大国の首都の空港にあるとは思えないただずまいで、私はここでベルリンに別れを惜しみつつ、ビールとカリーヴルストをいただくことにしてます。

トルコめしだってありますよ!

そしてドイツ国内、あちこちで見かけるのがケバブの屋台です。ケバブは、ご存知トルコのソウルフードです。ドイツにはトルコからの移民がたくさんおり、彼らが営業しているお店です。なんといっても、日曜もオープンしているお店が多いのがうれしいですね。ドイツはたいていのお店は日曜休みなのです。また、某サンドイッチチェーンよろしく、ケバブをつくるときに店主が野菜を指差して、嫌いなものはないかと聞いてくれます。例えばタマネギが嫌いな方には、うれしいサービスですね。ドイツに行ったら、地元のファストフードも試してみましょう!