法律でお店の休みが決められているドイツ

ドイツでは日曜日は一部の例外を除いて、ほぼすべてのお店が閉まってしまいます。これは法律で日曜日の営業が禁じられているためです。旅行に出かけるとつい曜日感覚が薄れてしまいますが、滞在中に日曜日が含まれている場合は注意しておきましょう。平日のお店の営業時間は9〜10時に開店して、20時前には閉店するところがほとんどです。無休のお店が当たり前の日本と比べると、日曜日のドイツの街並みはかなり雰囲気が違うと感じることでしょう。

ドイツを旅行するならお店の営業時間にご注意! ドイツを旅行するならお店の営業時間にご注意!

日曜日でも買い物ができる場所もある

最近では、規制が緩和されつつあるので、24時間営業のお店も出来始めています。また町の中心にある駅には、旅行者のために食料品店が年中無休で営業していますし、ガソリンスタンドには小型のコンビニのようなショップが併設されています。レンタカーで観光するなら、アウトバーンの途中にあるサービスエリアも年中無休ですので食料品や雑貨を買うことができます。しかし落ち着いてショッピングをするならなんといっても平日の昼間がベストでしょう。

銀行や郵便局の営業時間にも要注意

ちなみに銀行は月曜日から金曜日が営業日、日本と違うのは、お昼に1時間の昼休みがあります(大型の支店では昼休みのない店もあります)。また木曜日は通常よりも1〜2時間遅くまで営業している店が多いので、覚えておくといいでしょう。郵便局は平日は朝から夕方まで営業していますが、土曜日はお昼までで閉まります。銀行と同じように昼休みを取る支店もあるので、絵葉書を出す場合などは営業時間に気を付けてくださいね。

お店の閉まる日曜日はこんな風に楽しもう

それでは、お店が閉まってしまう日曜日は、地元のドイツの人々はどう過ごしているのでしょうか。自然が豊かなドイツでは大都市でも車で30分も走れば、のどかな田園風景や緑豊かな森に行くことができます。家族や友人とのんびりとピクニックを楽しむ人も多いそうです。また町中では週末になると、蚤の市が開かれます。ドイツ語ではフローマルクト(ローデルマルクト)と呼ばれ、特に規模の大きいベルリンの蚤の市は旅行者にも人気があります。そのほか、美術館や博物館、観光名所などは月曜日休館が多く、週末も開いているのでゆっくり見学に充てるのもいいでしょう。