ベルリンを代表する美しいガラスの建築物

ベルリンの観光スポットと言えば、世界遺産の博物館島やブランデンブルク門などがありますが、実際に運用されている国会議事堂(連邦議会議事堂)もその一部が一般公開されており、ベルリンを一望できる屋上のガラス・ドームが特に人気の観光スポットとなっています。入場料は無料ですが、予約が必須で少々注意が必要です。「せっかくベルリンに来たのに行けなかった!」なんてことのないように、しっかりと準備しましょう。今回はオンラインでの予約方法をご紹介します。

国会議事堂ドームの内部 国会議事堂ドームの内部

入場無料。ただしインターネットでの予約が必須

まずは国会議事堂の公式サイト(独・英・仏語)から予約ページへ飛びましょう(英語予約ページ→https://visite.bundestag.de/BAPWeb/pages/createBookingRequest.jsf?lang=en)。いくつかの注意書きの下に3つの選択肢があり、その下に予約へと進むボタンの「Next」があります。旅行者に関係があるのは上から2番目の「国会議事堂ガイド付きツアー(90分)&ドーム見学」と3番目の「ドーム見学のみ」です。ガイド付きツアーはドイツ語以外にも英語、仏語、西語、伊語など10ヵ国語から選択できますが、日本語を含めアジア圏の言語は選択できません。この後、訪問人数とキャプチャ(認証)を終えたら、訪問希望日&時間を第3希望まで選択し、個人情報を入力していきます。予約は2週間後でも埋まっていることもあるので、早めの予約がおすすめです!

送られてきた確認メールを開封して予約確定を!

さて、予約リクエストも送ったしこれで終わり……ではありません! 個人情報入力の際に使ったメールアドレス宛に、予約確認メールが送られてきます。この確認メールに貼られたリンク先に飛び、そこで訪問者の氏名と生年月日を改めて入力し、ここで初めて予約が成立します。訪問の際には、この予約成立後に送られてくる再確認メールに添付されたPDF文書の提示(プリントアウトでもスマホ画面でも可)が必要になりますので、ご注意ください。

来館時にはパスポートを忘れずに!

当日は3つの希望時間いずれかの15分前までに訪れてください。このとき必ず持って行かなくてはならないのは身分証明書で、旅行者の場合はパスポートです。無事に予約を終えても、パスポートを忘れると入れませんのでご注意ください。また、入場前には荷物検査もあります。無料とは言え手続きがややこしいドイツ国会議事堂ですが、入場した後はそれらの苦労なんて吹き飛んでしまうほど感激こと間違いなしです。美しい建築物にベルリン市内の眺望、ドイツの政治史の展示などをたっぷり楽しんでください!