page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ドイツの世界遺産、アートとデザインの学校「バウハウス」とは? 〜まずはその歴史をおさらいしよう


掲載日:2020/11/30 テーマ:観光地・名所 行き先: ドイツ / ベルリン

タグ: ロマン 建築 世界遺産


100年前に開校した、造形美術の学校バウハウス

デッサウ校の校舎に配されたロゴは古さを感じさせない デッサウ校の校舎に配されたロゴは古さを感じさせない

「バウハウス」を知っていますか? 第一次世界大戦後のドイツで、たった14年間だけ存在していた造形美術学校です。そのわずかな活動期間にもかかわらず、バウハウスの残したデザインの潮流はいまだにまったく色褪せません。開校100年だった2019年には、日本を含む各国で記念の展覧会が開催されました。今回は、バウハウスの歴史やその功績をふりかえってみましょう。予習してから現地を訪れれば、感激もひとしおになることでしょう。

最初はドイツ中部のヴァイマルで開校しました

デッサウ、グロピウス校長の部屋。「グロピウスはこの椅子がお気に入りでした」 デッサウ、グロピウス校長の部屋。「グロピウスはこの椅子がお気に入りでした」

第一次世界大戦が終わった翌年の1919年、ドイツ中部のヴァイマル(ワイマール)共和国に、美術、造形、建築などを学ぶ国立の専門学校が設立されました。「建築の家」を意味する「バウハウス」と名付けられたこの学校は、初代校長にヴァルター・グロピウスが就任。すでに近代建築の巨匠としての地位が確立していたグロピウスでしたが、この国、ひいては世界の造形や美術をさらに前進させるいう理想に燃え、若者の教育者としてのスタートを切ったのです。設立当初の理念は、グロピウスの専門である建築を最終的な目標と定めていましたが、徐々にその活動分野は多岐に渡るようになっていきます。

第二期は新興の工業城下町デッサウで活動

右側の棟が学生寮 右側の棟が学生寮

1925年、ヴァイマル校が当時の政治的理由などから閉鎖されるとバウハウスはデッサウに移転し、ここで黄金期を迎えます。今でも、バウハウスといえばこのデッサウを思い浮かべる人が多いでしょう。デッサウ校の校舎はモダニズム建築の宝庫。カンディンスキーやクレーなどの世界的な芸術家が直接教鞭をとり、学生たちにとっての施設も充実したものとなりました。グロピウスがデザインした学生寮や学生食堂を利用し、日々勉強に励んだのです。2代目校長のスイス人建築家ハンネス・マイヤーの時代、バウハウスは海外での評判も高まっていきました。

ベルリンに再移転するも、ナチスにより閉校に追い込まれます

ミース・ファン・デル・ローエがデザインしたキオスクは今も現役 ミース・ファン・デル・ローエがデザインしたキオスクは今も現役

しかし、自由で先進的な校風やこれまでにないモダンな造形物が仇(あだ)となり、デッサウ校はナチスから弾圧を受けるようになります。3代目校長ミース・ファン・デル・ローエが就任してから2年後の1932年、デッサウ校は閉鎖。ベルリンへ移転し私立学校として立て直しを計りますが、ついにナチスの弾圧に敗れ、1933年に閉校されました。そして時代は第二次世界大戦へと進んでいくのです。バウハウスの活動期間は、まさに二つの大戦の狭間だったんですね。

今もしっかりと続いている、バウハウスの精神

ガイドツアーは参加する価値あり! ガイドツアーは参加する価値あり!

バウハウスが終焉を迎えても、その精神はさまざまな形で引き継がれました。教授陣の一人だったモホリ=ナジ・ラースローは、アメリカに亡命したのち1937年にシカゴで「ニュー・バウハウス」を設立。ヴァイマル校舎は、「バウハウス大学」となっています。そして名建築群が残るデッサウには、1999年から実験的な教育機関「バウハウス・コレーグ」がスタートし、現在も学生が学んでいます。デッサウは見学者のためのガイドツアーがあり、ツアーガイドはこの学生さんや先生が勤めているんですよ。

バウハウス見学を軸に据えて、ドイツ旅行をしてみませんか?

照明器具ひとつ取っても、そのモダンさが光る 照明器具ひとつ取っても、そのモダンさが光る

現在もバウハウスのデザイン理念を受け継いだ工芸品や工業製品が生産され続けています。現代に生きる私たちと決して無縁な存在ではなく、地続きの芸術。バウハウスに興味を持った方は、「デッサウ校見学ツアー編」「マイスターハウス見学ツアー編」もぜひどうぞ!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/11/30)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索