チケットの予約・発行・管理がすべてアプリ内で完結

前編からの続きです。アプリをインストールしたらさっそくチケットを予約してみましょう。一般的な交通機関の予約と同じく、発着地と日程、人数を入力していくだけです。チケットの料金は時間帯や日程により変わりますし、人気のある時間帯は売り切れてしまうことも多いので、早めに予約しておくことをおすすめします。必要情報を入力しチケットを購入するとEチケットが発行されます。Eチケットの左上にQRコードが入っているので、乗車の際に係員にこれを見せれば乗車可能となります(プリントアウトは不要で、スマホの画面を提示すればOK)。Eチケットは一度ダウンロードしてしまえばオフラインでも見られます。また、チケットには予約したバスの出発場所を記した地図が載っていますし、アプリ内にはすべての都市のバス発着所の地図が入っているので、どこでバスを待てばいいかもすぐにわかります。

一番前の席に座れば道中の景色も満喫できる 一番前の席に座れば道中の景色も満喫できる

席は先着順なので、余裕を持っていくのが吉

さて、フリックスバスを利用する際にご注意いただきたいことを2点だけお話しておきます。まずひとつは、席はすべて自由席で先着順ということ。もちろん、チケットは座席数分しか発行されないので「席がない!」ということはありませんが、2人以上で予約された方は、ギリギリのタイミングで行くと席がバラバラになってしまう可能性があります。またおひとりの方でも、空いているタイミングであれば座席2つをひとりで使うこともできます。バス出発時刻より余裕をもって行かれるといいでしょう。

道路状況により遅れることもあるので注意!

そして一番気をつけるべきことは、バスが道路状況次第で遅れることもある、ということです。こればかりはバス会社でも防ぎようがありません。格安の高速バスなので、保証等はありません。道路状況が悪くなければそれほど時間を食うことはないのですが(例えばフランクフルト→ミュンヘンは5時間ほどで移動できました)、到着先で必ず時間を守らなくてはいけない予定がある、という場合は電車を使った方がより確実でしょう。以上、フリックスバスの良し悪しを踏まえた上で便利に使ってみてください! 時間はあるけどお金がない、という学生の方などには特におすすめです!