ボン旅行・ボン観光徹底ガイド

ボン旅行・ボン観光徹底ガイド

ボン旅行・観光の見どころ・観光情報

ドイツ西部、ライン川沿いに位置するボンは、西ドイツ時代の首都。統一後も連邦政府の機能が残されており、ドイツ国内でも重要な都市となっているが、どこかのんびりとした雰囲気の町だ。この町はベートーヴェンが生まれてからウィーンに活動の場を移すまでの22年間を過ごした町としても有名。生家は現在は博物館として見学することができ、毎年秋にはベートーヴェン音楽祭が開催され、世界中からクラシック愛好家が訪れる。博物館や美術館もあり、落ち着いて観光を楽しみたい人にぴったりの町だ。(2016年9月編集部調べ)

ボンへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/04/25現在) フライト時間 現地との時差
ドイツ語 EUR 1 EUR = 119.3068 JPY 約12時間 約-8時間

ボンの人気問合せ情報

ボンの最安値カレンダー

ボン旅行・観光の選び方

周辺都市からの日帰り旅行が主流。ボンに宿泊するなら手配旅行か自力で

ボンの町に泊まるツアーはほとんどなく、ケルンをはじめとする都市からの日帰り観光が中心となる。フランクフルトやケルンなどの1都市滞在のフリープランのツアーなら、ツアー期間5日間から。自由時間を使って個人で訪れることもできるが、移動や言葉が心配ならオプショナルツアーでボンへの日帰り観光を選ぶといいだろう。ボンの町ではまずはベートーヴェン関連の名所を回ってみよう。お土産店にもベートーヴェン関連のグッズが沢山ある。こぢんまりとして落ち着いた雰囲気の町は散策するのにぴったり。(2016年9月編集部調べ)


ボンのグルメ・伝統料理

ドイツ料理は全般的に日本人の口にもとても合うが、なかでもグルメに人気があるのはやっぱりソーセージ。郷土料理のように、その地方ごとにご当地ソーセージがあるので、ぜひ滞在中に味わってみたい。ドイツのレストランでは、往々にして一人前の量が多く食べきれないという事があるが、小食の人や軽く済ませたい場合にも、ソーセージはおすすめだ。付け合わせのポテトやパンで立派な食事になる。ボンでは伝統的なドイツ料理から中華、エスニックまで多様な店が揃っている。 (2015年編集部調べ)

ボンのショッピング情報

ボンではショッピングモールなど大型の商業施設こそないが、デパートやスーパーマーケット、土産物店などで地元の名産の食料品や、民芸品、またこの町出身のベートーヴェンゆかりのグッズなどの買い物を楽しむ事ができる。また大学もあるので、若者向けの衣料品を売る店などもあるので、旅行中必要になったもの等を現地調達するには困らないだろう。お土産品で人気があるのは、チョコレート、ベートーヴェンのグッズ、品質の良いドイツ製の刃物や文房具など。 (2015年編集部調べ)

ボンの気温・降水量ベストシーズン情報

ベストシーズンは6月から9月。天気も安定しており、日も長いので時間を有効に使える。服装は同時期の東京と同じと考えて構わないが、冬期はかなり冷え込むこともあるので、防寒対策をしっかりしたい。 (2015年編集部調べ)

現地ガイド発!ボンの観光最新情報

  • ボンの人気ツアー

    ボン旅行・ボン観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook


    page top