page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ボン・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

部屋から眺めるライン川に釘付け!時の流れを忘れてしまいそうなボンのホテル


掲載日:2019/06/03 テーマ:憧れホテル 行き先: ドイツ / ボン

タグ: セレブ 一度は行きたい 街歩き 朝食 憧れ 癒し


観光スポットにアクセス最適「アメロン・ケー二ヒスホフ」

ホテル入り口にて ホテル入り口にて

ボンは、ドイツの誇る作曲家ベートーヴェンの生まれた街。また、精神を病んだシューマンが最後の2年間過ごしたことでも知られ、音楽の街としても注目を集めています。クラシック音楽に馴染みがない人も、日本の年末恒例演奏曲ベートーヴェンの第九「歓喜の歌」といえば、一度は耳にしたことがあるに違いありません。

この街に来たからには、ベートーヴェンが22歳まで住んだ生家「ベートーヴェンハウス」、ドイツ連邦共和国歴史博物館、そしてシューマンの家と旧墓地を見逃せません。これらのスポットを散策するのにアクセス良好なホテルが今回紹介する4つ星「アメロン・ボン・ホテルケーニヒスホフ」です。全室ライン川の眺望付き、それだけでも得したような気分になります。

このホテルはボン中央駅から車で8分ほど、ゆっくり歩いても15分以内の圏内、しかも街の中心部からも徒歩で10分というアクセスの良さ。そしてビジネス街やショッピングエリアにも短時間で行けるのもうれしい。市公園やホフガーテンの緑に囲まれた閑静な住宅地にある隠れ家的なホテルとしてVIPゲストにもファンが多いといいます。

ライン川の景観に時を忘れる

室内から眺めるライン川にうっとり 室内から眺めるライン川にうっとり

かつてボンが首都だった時に、世界の政治家や重鎮が好んで宿泊したこのホテルは1956年に開設されました。その後、2002年に全館改装され、重厚かつ優雅な雰囲気を有する近代的なホテルとなりました。

東西ドイツ統一後、ベルリンに首都が移ってからも一部の政府機関がボンに残っているため、このホテルはハイレベルなホテルとしてビジネスマンや観光客に好評です。

ホテルに足を踏み入れて最初に目に入ったのは、玄関ラウンジのガラス窓越しから見えるライン川の素晴らしい景観でした。エレベーター横の壁には所狭しと飾られている写真の数々。このホテルに宿泊した世界の政界人や著名人のポートレートに見入ってしまいました。

チェックイン後、荷ほどきを後回しにしてまず備え付けのコーヒーを入れて一休み。部屋は、寄木細工の床と白を基調とした家具で落ち着いた雰囲気を醸し出しています。ここから眺める雄大なライン川と周辺の景観を独り占め。沿岸を散策をする人やジョッキングをする人、対岸のパノラマを一望していると、ついつい部屋で過ごす時間が長くなり、観光に出かけるのも忘れてしまうほどです。

優雅な空気に囲まれて朝食

フルーツ、野菜、ソーセージ、卵料理にサーモンと品揃えたっぷりの朝食 フルーツ、野菜、ソーセージ、卵料理にサーモンと品揃えたっぷりの朝食

観光に夢中になっていると、食事はどうしても簡単なファストフードやテイクアウトになりがちです。そんな時、ホテルの朝食が充実していると滞在の楽しみも増えます。

朝食は、イタリア料理レストランOlivetoでいただきます。ここでもライン川の眺望を楽しめます。ビュッフェ式でシャンペンも飲み放題。朝から不謹慎ですが、血圧と気分を盛り上げるために一口味わってみました。同レストランではランチやディナーも提供しており、バーも併設しています。

種類豊富な朝食はもちろんですが、さらに感激したのはレストラン内のゆったりとした座り心地満点のソファと控えめで優雅な装飾です。ライン川を眺めながらの食事は、あわただしい日常をすっかり忘れさせてくれることでしょう。ちなみに天気が良ければテラスで食事をとることもできます。

また泊まりたいホテル

イタリアンレストランもライン川に面している イタリアンレストランもライン川に面している

ホテルの施設は他にもあります。ビジネスセンターには、会議設備とコピー機などが完備しています。スパ施設では、スポーツジムやサウナもあります。

チェックアウトの時間は12時。観光でスパ施設を利用できなかった場合、朝食前にスポーツ施設だけでも利用するのはいかがでしょうか。その後、レインシャワーを浴び、クナイプのフットスパですっきりしたところで朝食ルームへ出向くのもお薦めです。

ちなみにボンは、2019年12月16日から2020年12月17日まで開催されるベートーヴェン生誕250周年記念イベントに向けて街全体が大きな盛り上がりを見せています。また毎年9月開催の「ベートーヴェン音楽祭」は、世界のクラシックファン憧れのコンサートイベントとして絶大な人気を集めています。

これからボンを訪問予定の方は、音楽イベントチケットもホテルも早めの予約をお薦めします。

インフォメーション

玄関ホール右側エレベーター横にはホテルに宿泊したVIPの画像が所狭しと飾ってある 玄関ホール右側エレベーター横にはホテルに宿泊したVIPの画像が所狭しと飾ってある

アメロン ボン・ホテルケー二ヒスホフ 
Ameron Bonn Hotel Koenigshof
Adenauerallee 9
53111 Bonn
https://ameronhotels.com/de/bonn-hotel-koenigshof  
部屋は、コンフォートシングル、デラックスシングル、プレミアムダブルなど129室を提供する
朝食・一人19ユーロ
宿泊料金例・コンフォートシングル120ユーロから、デラックスシングル175ユーロから
プレミアムダブル200ユーロから(季節やイベントによって、料金は変動する)

レストランOlivio
朝食・月曜から金曜・6時30分から10時 土曜・日曜7時から11時
ランチ・12時から14時
ディナー18時から21時30分
部屋のタイプと料金・設備など
スポーツジムとスパエリア
スポーツジム6時30分から22時
サウナ・17時から22時

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/06/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索