page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ブレーメン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

港町の風情を感じる かつての運河の名残がかわいらしい路地に 


掲載日:2011/08/31 テーマ:観光地・名所 行き先: ドイツ / ブレーメン

タグ: お土産 一度は行きたい 街歩き


細かい路地に迷い込もう

昼間は多賑わいの通りも夕方になると少し客足が減る 昼間は多賑わいの通りも夕方になると少し客足が減る

北ドイツの河川港町ブレーメンに、とっても可愛らしい小さな地区がある。シュノーアと呼ばれるこの地区はブレーメン旧市街の南端にあるので、市庁舎や大聖堂が立ち並ぶ歴史的マルクト広場からはちょっと離れている。町を歩いていてバッタリ行き当るような場所ではないので、知らなければここへ来ることはないであろう。マルクト広場から有名なベッチャー通りを抜けて来るのが判りやすい。ヴェーザー川沿いにバルゲ橋通りBalgebrueckenstrasseへ向かう。通りを渡ると赤レンガの聖ヨハネ教会が左手に見えるので、そこがシュノーアへの入り口だ。細い路地が迷路の様に続き、赤いとんがり屋根の小さな家がひしめきあっている。

かつては運河のあった地区

細い路地の奥に、何かがありそうなシュノーア 細い路地の奥に、何かがありそうなシュノーア

港町ブレーメンらしく、中世ではここに船乗りたちが住んでいた。今でもヴェーザー川は直ぐ近くを流れている。中心となる通りの真ん中が少しへこんでいるのは、かつてこの道が川へ続く運河だった名残である。船乗りたちは家の前から船に乗り、運河を通って川へ出た。シュノーアSchnoorとは北ドイツの方言で、ドイツ語のロープ(紐)を意味するシュヌーアSchnurのこと。船に欠かせないロープをなっていたことが地区の名前になった。第二次世界大戦でブレーメンが空爆を受けた時、シュノーアも被害を受けた。そのまま戦後は多くの家が廃墟となって放置され、シュノーアは取り壊される運命となる。そのとき、一人の建築家の熱心な働き掛けで町並み保存運動が起こり、1959年に文化財保護地区となった。

個性的な店がところ狭しと並ぶ道

シュノーアが始まるシュターヴェンダム。左手はミニチュア船の店 シュノーアが始まるシュターヴェンダム。左手はミニチュア船の店

ただでさえ細いシュノーアの中心路地には、右へ左へとさらに狭い路地が巡り、そこを入って行くと思わぬ空間に出会う。多くは間口が狭くて上に延びる家。屋根裏部屋を持つ2階建、3階建ての小さな家屋だ。それらのほとんどが今日ではショップ、工房、カフェなどになっている。1組だけしか泊れないという小さなホテルもある。1960年代にシュノーアが修復されると、ここに芸術家たちが移り住んできた。画家や彫金家が多く、彼らは小さなアトリエで作品を造りながらそこで販売している。ミニチュア船を扱っている店が多い。窓辺に並んだ帆船に港町の風情を感じる。

お土産探しにもぴったり

Tシャツには様々な絵柄がある Tシャツには様々な絵柄がある

観光客相手のショップで売られているのは『ブレーメンの音楽隊』グッズ。置物では4匹の動物たちが順に背中に乗ったものが圧倒的に多い。Tシャツで人気なのは、黒地に4匹の動物たちの目玉だけが描かれたもの。追い出された盗賊は夜中に様子を見に家に帰って来る。そこで光る眼玉を暖炉の火と間違えて近づいたためネコに引っ掻かれ、犬に噛みつかれ、と散々な目に遭う場面だ。4匹が順に乗ったものは彫金工房で銀のペンダントヘッドにもなっている。昼間は多くの観光客で賑わうシュノーア。ブレーメンの隠れたメインストリートである。

【関連情報】

データ
交通:
ブレーメンBremenまでハンブルクHamburgから急行で55分
シュノーアへはマルクト広場MarktplatzよりマルクトシュトラーセMarktstrasseを南へ歩き、続きであるデヒャナートシュトラーセDechanatstrasseへ。途中から右折してコルピングシュトラーセKolpingstrasseを突き抜けて真っすぐ進むとシュターヴェンダムStavendammに出る。あるいは、ベッチャー通りからマルティニシュトラーセMartinistrasseをヴェーザー川沿いに南下してバルゲブリュッケンシュトラーセBalgebrueckenstrasseを渡り、左へ。レンガ造りの聖ヨハネ教会St.Johanes Kirche脇を右折するとシュターヴェンダムに出る。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/08/31)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索