page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ケルン・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

かわいい・美味しい・安全。グミの発祥地ドイツで体にやさしいグミが大人気 


掲載日:2009/04/09 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: ドイツ / ケルン

タグ: おいしい お土産 ショッピング スイーツ


放っておけない肥満の増加

体にやさしいお菓子として人気のあるベーレンランド 体にやさしいお菓子として人気のあるベーレンランド

ヨーロッパでは成人人口のおよそ半分が太り気味と言われており、テレビや雑誌でこの話題が取り上げられない日はないほど。しかも深刻なのはそのうちの20%〜30%が肥満だということだ。そしてこの問題は成人だけに留まらない。子供の肥満も毎年増加している。当然ながら糖尿病などいわゆる成人病患者も年々増しており、食に対する人々の健康意識は高くなっている。

糖尿病患者のためのお菓子がスーパーに

ベーレンランドの店内にも糖尿病患者のためのコーナーがある ベーレンランドの店内にも糖尿病患者のためのコーナーがある

糖尿病患者が年々増え続けるドイツでは、スーパーやお菓子屋さんで糖尿病の人のためのお菓子コーナーをよく見かける。飴やチョコレート、クッキーなどその種類は豊富だ。特別なメーカーが作っているというよりは、それぞれのブランドが糖尿病患者のための商品ラインも展開している。実際にそれらを試食してみると、普通のバージョンに比べると確かに少し物足りない感じは残るが、お菓子として立派に成立する味である。

子供に安心して与えられるお菓子を発見

こちらはフルーツサラダという名前のグミ。砂糖を使用していない こちらはフルーツサラダという名前のグミ。砂糖を使用していない

こうした中、子供を持つ親たちが子供に与えるお菓子として人気を集めているのがベーレンランド(Baerenland)というブランドのグミである。そもそもグミはドイツが発祥の地。日本のグミに慣れていると、ドイツのグミの硬さに驚く。これはもともとグミの役割が硬いものを良く噛んで顎を強くし、口のトラブルを少なくするために生産されたからだ。一般的には初めてグミを世に送り出した熊の形でお馴染みのハリボー社(HARIBO)が有名であるが、ベーレンランドのグミは健康を意識したグミとして注目されている。

アレルギー対策から糖尿病用のグミまで

ケルンのベーレンランドがある通りには、数多くの店が並ぶ。ショッピングに最適 ケルンのベーレンランドがある通りには、数多くの店が並ぶ。ショッピングに最適

種類は豊富で、まず多くの常連客が買っていく果物グミ(Fruchtgummis)は、その名の通り果汁で作ったグミである。同じ種類のグミを他社と比べると色が派手ではないが、着色料を使用していない安心な一品。しかし、色にこだわって植物や果物の天然の色を使用してきれいな色に仕上げたグミもある。こちらは果物グミよりも少し形も凝っていて、ABCのアルファベットグミやコーラの瓶のグミ、そして最近はプレーボーイやプレーガールと名付けられたセクシーグミまで登場。食物アレルギーがある人には、ゼラチンなしのグミをどうぞ。これはゼラチンの代わりにデンプンで硬さを実現したというアイディアものだ。その他にも砂糖を使用せず、果物から抽出した甘味料を使用しているグミ、糖尿病患者のために人工甘味料で味付けしたグミなども並ぶ。体にやさしく美味しいお菓子は誰にとってもありがたいもの。日本で見られないこんなグミはお土産にもぴったりだ。

【関連情報】

■ Baerenland(ベーレンランド)
住所:Breiterstrasse 161-167, 50667 Koeln
電話:(+49)221 420 7586
営業時間:月〜金 10:30〜19:30、土 10:00〜18:00
※この他にもベルリンやデュッセルドルフ、ニュールンベルクなどドイツ各地に25店舗あり。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/04/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索