ディンケルスビュール旅行・ディンケルスビュール観光徹底ガイド

ディンケルスビュール旅行・ディンケルスビュール観光徹底ガイド

ディンケルスビュール旅行・観光の見どころ・観光情報

ドイツ南部バイエルン州にあるディンケルスビュールは、16の塔と4つの門を持つ城壁に囲まれた美しい町。鉄道駅がないためアクセスしにくいことから、すぐ近くにあるローテンブルクと比べるとロマンチック街道の中での知名度は低い。しかし戦火を免れたため町並みの保存状態がとてもよく、旧市街に足を踏み入れると中世にタイムスリップしたかのよう。ぜひとも訪れる価値のある町だ。町の範囲は大きくないので、徒歩で観光ができる。特に15世紀の木組みの家々は、街道一の美しさと評判が高い。7月には伝統の「子ども祭り」が行われ、この時だけはふだんは静かな町にも大勢の観光客が訪れ、にぎわいをみせる。(2016年9月編集部調べ)

ディンケルスビュールへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/07/24現在) フライト時間 現地との時差
ドイツ語 EUR 1 EUR = 129.1489 JPY 約12時間 約-7時間

ディンケルスビュールの人気問合せ情報

ディンケルスビュールの最安値カレンダー

ディンケルスビュール旅行・観光の選び方

日帰り観光が組み込まれているツアーを利用して訪れるのがおすすめ

ディンケルスビュールに宿泊するツアーはなく、ロマンチック街道の観光の一部として組み込まれた周遊ツアーを選ぶことになる。ツアー期間は6〜8日間前後のものが中心。近くの町に滞在中にフリータイムを使って訪れる事もできるが、この町には鉄道が通っていないため、路線バスやロマンチック街道バスを利用しての移動になる。城壁の中の町は歩いて観光するのにちょうどよく、観光名所をめぐるだけなら2〜3時間あれば充分だろう。お土産にはドイツらしい木製の手工芸品が人気だ。7月に行われる「子ども祭り」は民族衣装を着た子どもたちのパレードが可愛らしく、ドイツ国内でも人気がある。(2016年9月編集部調べ)


ディンケルスビュールのグルメ・伝統料理

ディンケルスビュールは、バイエルン料理や郷土料理が食べられるレストランや居酒屋が充実している。バイエルン料理の代表的なものでは、豚肉を濃厚なソースで食べる「シュヴァイネブラーテン」がおすすめ、グルメも満足できる一皿だ。ドイツ料理は一人分のボリュームが多いので、それぞれ違ったのものを頼んでシェアしてもいいだろう。また、食事の最後はデザートも忘れずに。ドイツのケーキは季節の果物やクリームを使ったものが多く、甘党には絶対おすすめ。カフェでも食べられる。(2015年編集部調べ)

ディンケルスビュールのショッピング情報

ディンケルスビュールは小さな町だが、旧市街には伝統的な手工芸品や民芸品、中世をモチーフにした雑貨類などを扱うお土産屋やブティックが揃っており、ショッピングも楽しむ事ができる。木製の人形にお香を入れて煙を出して楽しむパイプ人形は、ドイツらしい可愛いお土産として人気だ。他にも大都市では見つけられない素朴な手作りの工芸品は、いかにも職人の国ドイツらしい。スーパーマーケットでは、名産のワインやお菓子のほか、気の利いた文房具なども見つける事ができる。(2015年編集部調べ)

ディンケルスビュールの気温・降水量ベストシーズン情報

ベストシーズンは、天気が安定して過ごしやすい6〜9月。とはいえ四季それぞれの楽しみと自然の美しさがある。同時期の東京と比べると夏でもかなり肌寒い事も多く、調節できる服装を。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!ディンケルスビュールの観光最新情報

  • ディンケルスビュールのオススメツアー

    ディンケルスビュール旅行・ディンケルスビュール観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook


    page top