夜の美しい街・ディンケルスビュールで、名物「夜回り」に付いて行こう!

ドイツ・ディンケルスビュール・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

夜の美しい街・ディンケルスビュールで、名物「夜回り」に付いて行こう!

掲載日:2007/07/20 テーマ:観光地・名所 行き先: ドイツ / ディンケルスビュール ライター:Kei Okishima

タグ: ふれあい 珍しい 名物



ABガイド:Kei Okishima

【ドイツのABガイド】 Kei Okishima
全ガイドを見る
ライター。早稲田大学第一文学部卒業。ドイツには高校時代に国際ロータリークラブ青少年交換留学でバイエルン州に一年間、大学時代に交換留学でベルリン自由大学、フンボルト大学に一年間留学する。その後ドルトムント大学にてジャーナリズム学科を専攻。現在はフリーライターとしてヨーロッパを中心に活躍中。

ディンケルスビュールは水濠に囲まれた美しい中世の町 ディンケルスビュールは水濠に囲まれた美しい中世の町

突然現れた風変わりな男

夜の9時、聖ゲオルク教会の前に現れた男。なにやら中世風のいでたちで長い槍を右手に、カンテラを左手に持ち、首からは大きな角笛を下げている。ボォ〜、ボォ〜っと角笛を吹きならし、歌を歌い始めた。“さぁ皆さん、お聞きなさい!教会の鐘が9時を告げたよ。もう知っているよね。ディンケルスビュールの夜の美しさを”彼はNachtwaechter(ナハトヴェヒター)、つまりNacht(夜)をwachen(見張る)している夜警さん。中世の夜警と同じ格好をし、当時の習しに従って夜の町を見張り歩いている。

 

中世の夜警は、火事や事件を発見したとき角笛を吹いて危機を知らせた 中世の夜警は、火事や事件を発見したとき角笛を吹いて危機を知らせた

ナハトヴェヒターは中世ではどこの町にも存在した。暗くなると町の中を歩き、火事や事件が起こっていないか見回った。カンテラは暗い夜道を照らすため、槍は護身のためだ。1時間ごとに異なる歌を歌ったので、時計のなかった時代、人々は歌によって時を知ることができた。中世の夜警は、警察、消防、時計の役目を果たしていた。朝の早い職人たちは夜警の朝の歌で目を覚ました。ときには夜警に頼んで起してもらうパン屋もいたとか。

 

ナハトヴェヒターがやって来たことを知らせるため、ホテルの玄関先で角笛を吹く ナハトヴェヒターがやって来たことを知らせるため、ホテルの玄関先で角笛を吹く

歌い終わると彼は教会の向かいにあるホテルへ行った。広場にいた人たちがみな彼の後を追う。ホテルの玄関先で再び歌を歌った。先ほどの歌とはちょっと異なっている。すると中からウェイトレスがワインを一杯持ってきてナハトヴェヒターに渡した。彼は一口飲むと、近くにいる見物客に渡す。その人は一口飲むと隣の人に渡した。ワインの回し飲みだ。一口ずつでも10人ほどで空になってしまった。ナハトヴェヒターは次のホテルへ向かい、また異なる歌を歌ってワインを振舞われた。一口飲んで、まだ飲んでいない見物客にグラスを渡す。こうやって何軒もホテルを回っていくので全員がワインを試飲することになった。

 

どこのホテルでもナハトヴェヒターの角笛が聞こえると中からワインを持ってくる どこのホテルでもナハトヴェヒターの角笛が聞こえると中からワインを持ってくる

ナハトヴェヒターを取り巻いていた大勢の見物客も、ホテルを何軒か回るうちに一人、二人と消えていった。ワインは毎回まわってくるようになった。あと何軒訪れるのだろう、私はもう飲めないよ。取り巻きが7人くらいになると、どこから来たのか、など見物客たちの会話が始まる。一組の夫婦が、今日は妻の誕生日だ、と言うと、ナハトヴェヒターは奥さんの名前を聞いた。ギゼラだそうだ。すると次のホテルで“さぁ皆さんお聞きなさい。今日はギゼラの誕生日だよ!”と替え歌を披露した。みな拍手をし、ギゼラのためにグラスを捧げた。

 

聖ゲオルク教会前の通りにはホテルが軒を並べている 聖ゲオルク教会前の通りにはホテルが軒を並べている

町の主なホテルを全部訪れたので、終わったのは11時を過ぎていた。英語がはなせないナハトヴェヒターとのコミュニケーションは残念ながらちょっと難しいが、 ワインの試飲会に参加するノリで良いので参加しても楽しめそうだ。年配の方も目をギラギラさせて頬を紅潮させて途中までついてきている。
ただゾロゾロみんなと歩くだけでなぜか楽しいと思うが。残った7人は最後まで一緒だった。町を一回りして最初の聖ゲオルク教会前で解散。みんな仲良しになってしまったので別れがたい。同じ方向のホテルに泊まっている人たちは一緒に帰って行く。私のホテルは教会の前。だから皆を見送った。ナハトヴェヒターも帰って行った。彼の長い槍の影が石畳に映った。もう誰もいない。私は自分の長い影をいつまでも見つめていた。

【アクセス情報】
ディンケルスビュールへはロマンティック街道を走るヨーロッパ・バスで。
4月1日から10月31日まで、毎日、同じ時刻に出ている。
ローテンブルクからは55分。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/07/20)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事