page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ドレスデン・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ギネスブックにも載っている!世界一美しいチーズ屋さん


想像以上に美しい店内

開店30分前から、もう観光客が待っている 開店30分前から、もう観光客が待っている

エルベの畔に開けた古都ドレスデン。歴史観光巡りが終わったら今度はショッピングに精を出そう。定番の土産を買うのも良いけれど、こんなお店はどうだろう。世界一美しいと讃えられるチーズ屋さん「ドレスナー・モルケライ・ゲブリューダー・プフント」
チーズは買わなくても小物が売っているし、とにかく店を見に行くだけで十分価値がある。
店名は「ドレスデンの乳製品店・プフント兄弟」という意味。創設者の息子2人が後を継いでいる。「世界一美しい乳製品の店」として1998年にギネスブックに登録された。一歩店内に入れば、その類い稀なる美しさに誰もが驚きの声を上げる。壁から天井、棚、ケース台に至るまで美しい色彩のタイルで埋め尽くされ、まるで夢の国のよう。タイルはすべて手描きのオリジナルタイルだ。

100年以上も前のインテリアがそのままに

何十種類もあるチーズの値段は、エメンタール100g2.40EUR、ゴーダチーズ2.80EUR、ヤギのチーズ3.40EUR、などなど 何十種類もあるチーズの値段は、エメンタール100g2.40EUR、ゴーダチーズ2.80EUR、ヤギのチーズ3.40EUR、などなど

ドレスデンのパウル・プフント氏が1880年に店を始めた時は、農場から町にミルクを運んで販売するだけの牛乳屋だった。そのうちチーズやバター、生クリーム、ヨーグルトも作るようになり、乳製品専門店になる。別の場所にあった店は手狭になってきた。オフォスも兼ねた本格的な店をこの場所に建てたのが1891年。その時ドレスデンにあったヴィレロイ&ボッホ社(現在もドイツに本社がある世界的に有名な陶磁器会社)にインテリアを依頼する。そうして出来上がったのが御覧のように美しい店だった。

素敵な土産物が見つかるかも

1階奥にはカフェが、2階にはレストランもある 1階奥にはカフェが、2階にはレストランもある

立派な木箱に入った3種類のチーズ専用ナイフは24EUR。チーズは種類によって専用のナイフでカットせねばならぬそうだ。ドレスデンはシュトレン発祥の地とされているが、本来ならクリスマス時期に出回るシュトレンも、この店では10月から土産用に販売している(15〜30EUR)。厚紙箱入りだが、店のタイルと同じ模様で中身よりも箱が欲しくなってしまうほど美しい。他に昔のミルク売りや乳搾り娘を描いた額入りタイル、ミルクカップなども売られている。店の隅に大きなミルク缶があり、冷たいミルクを1杯1EURで立ち飲みできる。

開店と同時に入ろう

チーズ文化のドイツでは、様々なチーズ専用ナイフがある チーズ文化のドイツでは、様々なチーズ専用ナイフがある

この店、ギネスブックに載ったせいか、大人気。途絶えることなく観光客が押し寄せる。市内の観光名所にも含まれており、そのため観光バスも停まる。バスが止まるとドッと客が降りて入ってくる。そう広くもない店内はあっという間に身動きが取れないほどに。散々見物してバスに戻って行ったかと思えば、また次のバスが止まる。同時に2〜3台のバスが停まっていることもあり、そんなときは息もつけないほどの超満員。開店直後が一番空いている。

【関連情報】

希望のグラムをスライスしてくれるが、塊で買っていく人も多い 希望のグラムをスライスしてくれるが、塊で買っていく人も多い

■ Dresdner Molkerei Gebrder Pfund
(ドレスナー・モルケライ・ゲブリューダー・プフント)
住所:Bautzner Strasse 79, 01099 Dresden
電話番号:49(351) 80-8080
営業時間:月〜土10:00〜18:00、日曜祭日10:00〜15:00
その他:アルベルト広場からバウツナー通りを東へ徒歩約20分。
市内観光循環バスGrosse Stadtrundfahrt (劇場広場Theaterplatz から30分ごとに発車)に乗って約1時間、プフンズ・モルケライPfunds Molkerei下車(店の前に停まる)、見学して次のバスが来たら乗って劇場広場まで30分

(※)エルベの対岸ノイシュタット。中心のアルベルト広場から真っ直ぐ東へ伸びるバウツナー通りをしばらく歩いて行くと、左側にお店があります。昼間なら店の前にバスが何台も停まっているのですぐ分かるはず。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索