page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ドレスデン・鉄道の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ジャーマンレイルパスで周辺国の都市へ足を延ばそう


掲載日:2018/05/21 テーマ:鉄道 行き先: ドイツ / ドレスデン

タグ: 街歩き 新しい 鉄道


ジャーマンレイルパスでプラハまで行ける?!

マラーストラナ地区の上に聳える巨大なプラハ城と、左手の聖ミクラーシュ教会 マラーストラナ地区の上に聳える巨大なプラハ城と、左手の聖ミクラーシュ教会

ドイツを周遊するジャーマンレイルパスは通用日連続タイプと、有効期間1カ月の間に通用日数分を選択するフレキシータイプの2種類があり、それぞれ3日、4日、5日、7日、10日、15日、と通用日数も6種類ある。フレキシータイプは連続タイプとさほど料金が変わらない上に、一つの町に長く滞在する場合は移動日だけパスを使えばよいので、非常に利用価値が高い。ドイツは鉄道王国として知られている。時間の正確さ、乗り継ぎの良さ、車内の快適さ、全ての平均点で世界一ではないだろうか。そのドイツを旅するジャーマンレイルパスで、なんと、プラハまで乗ることが可能になった。ドイツの人気都市ドレスデンから僅か2時間少々でプラハに到着。場合によってはドレスデンからの日帰りも可能なプラハだ。

2.ジャーマンレイルパスでドイツ周辺の有名な古都へ

日本で事前に購入しておけば現地の切符売り場で並ぶことはない便利なパス 日本で事前に購入しておけば現地の切符売り場で並ぶことはない便利なパス

ヨーロッパの鉄道パスには様々な種類があるが大きく分けると、ヨーロッパ28か国を周遊できるユーレイルグローバルパスと、その国だけを周遊するユーレイル1ヵ国パスに分けられる。その中間として隣接する国を選んで周れるユーレイルセレクトパス2ヵ国、3ヵ国、4ヵ国の3種類がある(4ヵ国以上はグローバルパスを)。2ヵ国以上の場合、通常はセレクトパスを購入して隣接する国を周らねばならないが、ジャーマンレイルパスの場合は隣接する国々の一定の都市へも足を延ばせる非常に親切なパスなのだ。北はコペンハーゲン、東はプラハ、クラコフ、西はブリュッセル、アントワープ、リエージュ、ルクセンブルク、ストラスブール、南はインスブルック、ベニス、ヴェローナ、ボローニャ、トレントなどなどである。

ルクセンブルクやストラスブールに寄り道しては如何?

大きな谷の中に美しい家並が続くルクセンブルク市 大きな谷の中に美しい家並が続くルクセンブルク市

ルクセンブルクは世界の小国の一つで、かつては神聖ローマ帝国(ドイツ王国)の一員だったことからドイツの地方都市のような雰囲気がある。首都ルクセンブルクはこぢんまりとした都市でありながら町の中に大きな谷があるという珍しい景観の街だ。グルメの国として知られているので移動の途中でランチ休憩にちょっと寄ってみるのも良いのでは。フランスのストラスブールはライン河畔に開けており、ライン川の向こうはドイツ。国境の町なのでドイツから行きやすい。文豪ゲーテも若い時に留学しており、巨大な大聖堂や町中を流れるラインの支流イル川畔の美しい街並みなど、見どころが多い。ドイツ旅行がメインだけれど、せっかくだからもう一つ、隣国の町を訪れたい場合に最適のジャーマンレイルパスである。

ジャーマンレイルパスの注意点

フランスでは珍しい木組みの家が、イル河畔に並んでいるストラスブール フランスでは珍しい木組みの家が、イル河畔に並んでいるストラスブール

乗車日を選択できるフレキシータイプの場合、気を付けたいのは乗車前に必ず自分で乗る日付をパスに記入しておくこと。3日間有効の場合は四角い枠が3つ、5日間の場合は5つ、と利用の日数分だけパスに四角い枠がある。うっかり書き忘れて乗車すると、無賃乗車と見なされて罰金を徴収される場合もある。このあたり、融通がきかないのも極めてドイツ的。ジャーマンレイルパスは、ヨーロッパの鉄道パスの中で予約なしで乗車できる数少ないパスなので、とても使いやすい。しかし幹線ルートでは予約して乗る人が多いため、座る際に予約席であるかどうか窓上の予約表示で確かめよう。表示が出ていなければ空席である。ドイツは田舎の支線を走る電車でも車両が良くて快適だ。ジャーマンレイルパスを有効に使い、ドイツの旅を満喫しよう!

ジャーマンレイルパスの料金一例

ドイツの田舎を走る各駅停車の電車でも車内はこんなに快適 ドイツの田舎を走る各駅停車の電車でも車内はこんなに快適

ジャーマンレイルパス
通用日数連続タイプ
 3日間:1等車 260ユーロ、2等車 190ユーロ
 5日間:1等車 300ユーロ、2等車 220ユーロ
 10日間:1等車 435ユーロ、2等車 320ユーロ
フレキシータイプ
 3日間:1等車 270ユーロ、2等車 200ユーロ
 5日間:1等車 310ユーロ、2等車 230ユーロ
 10日間:1等車 490ユーロ、2等車 360ユーロ

購入は各旅行代理店で、あるいはレイルヨーロッパのホームページから www.raileurope.jp

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/05/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索