page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ドレスデン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

エルベ川の真珠、ドレスデンとその近郊へ行ってみよう!


ドレスデンって一体どんな街?

ドレスデン旧市街を歩くと、ついついカメラのシャッターが切りっぱなし。美しい街です。 ドレスデン旧市街を歩くと、ついついカメラのシャッターが切りっぱなし。美しい街です。

ドレスデンは、東にポーランド、南東にチェコと接するザクセン州の州都です。エルベ川という国際河川が流れ、2004年から2009年まで「ドレスデン・エルベ渓谷」として世界遺産都市として登録されていました(近代的な橋の建設を理由に、世界遺産登録が抹消)。
旧東ドイツで、第二次世界大戦を始め、たくさんの戦争被害に合い、街の85%もが焼失したが、市民の努力で復興することに成功。なんだ、新しい街かぁ、という感じは一切ありません。それどころか、オリジナルの材料を最大限に利用した「世界最大のジグゾーパズル」と形容される「聖母教会」もあります。そう、作り直した=偽物、というものではなく、その熱意に心を打たれるような、歴史を知ればさらに心を動かされる、そんな街なのです。
ですから観光する前に、十分予習しておくと、歴史を踏まえて建築物を見ることが出来るのでお勧めです。
ベルリンやライプチッヒ、マイセンと合わせてドイツ・ザクセン州を楽しむ旅行も良いですし、チェコの温泉地、カルロスバリーや首都プラハと合わせても素敵な旅が計画できると思います。

聖母教会へ行ってみよう。

美しい教会はこの世にたくさんありますが、絶対この目で見ておきたい、と思わせる「聖母教会」 美しい教会はこの世にたくさんありますが、絶対この目で見ておきたい、と思わせる「聖母教会」

私が初めてドレスデンの聖母教会について調べた時、背筋にゾクゾクと何かを感じるようでした。
戦争で被害を受けながらも持ちこたえ、教会内に避難していた人が退避してから崩壊した、とか。崩壊した建物の瓦礫が長らく放置されておきながら、市民が中心となって瓦礫に番号をつけて整理をし、オリジナルの石をできる限り使っての再建に力を注いだことなど、再建までの裏話を読むと非常に心が惹かれます。たくさんあるオリジナルの石材の中でも実際に再建時に使われたものは結局限られてしまいますが、そんなオリジナルの石を意識して見ると、感慨に浸ることになるでしょう。

住所 Neumarkt, 01067 Dresden
教会の内部公開 平日10-12時、13-18時(無料。できれば少額でも寄付を!)
教会内部ではコンサートなどの催し物や、ガイド付きツアーもあります。

ドレスデンは、バロック様式の美しい建物が並びます。聖母教会はその一つに過ぎません。主要な建物の位置関係など予習しておくと、頭の中がスッキリして良いでしょう。広範囲でしっかり観光するのであれば、トラムなどをうまく利用すると無駄な時間を取られませんが、歩いての観光もお勧めです。

豊富な博物館、効率よく回りたいところです。

子供と一緒でも退屈しない博物館、というのもあります。ここ「数学と物理のサロン」という博物館そのものがお城の中なので、素晴らしい価値ある展示品を見るだけでなく雰囲気も楽しめる。 子供と一緒でも退屈しない博物館、というのもあります。ここ「数学と物理のサロン」という博物館そのものがお城の中なので、素晴らしい価値ある展示品を見るだけでなく雰囲気も楽しめる。

ドレスデンの町を短時間で効率よく回るには、事前に下調べして計画をすることがポイントになるのでは、と思います。ドレスデンにはたくさんの博物館があります。博物館共通カードなどを上手に利用すると良いですね。

私の場合は博物館嫌いな子供を連れての旅行でした。私自身は博物館好きですから、吟味をして、子供も楽しめそうなものに絞って出かけました。その一つが、ツヴィンガー宮殿の中にある「数学と物理のサロン」です。

天文学的なものや、計量に関する器具など、非常に貴重な歴史的な道具が並んでいます。コロナで制限がある博物館が多い中、ここは消毒液などがあちこちに設置され、実際に触って試して見ることができるものもたくさん。最初気乗りのしなかった子供達も大満足です。

それにここは宮殿ですから、展示会場の雰囲気を楽しむだけでも素敵。ここツヴィンガー宮殿には16もの博物館や美術館がありますので、きっと一つは気になるものがあるはず。お好みのものを探して出掛けてみませんか。

ツヴィンガー宮殿
住所 Sophienstrasse, 01067 Dresden

「ザクセンのスイス」と呼ばれる地区は美しい自然の宝庫

ここは全てが美しい。三歩歩いて写真をパチリ、また三歩歩いて写真をパチリ。なかなか先に進めません。一眼レフを持って出かけたい場所です。 ここは全てが美しい。三歩歩いて写真をパチリ、また三歩歩いて写真をパチリ。なかなか先に進めません。一眼レフを持って出かけたい場所です。

砂岩の作る芸術作品、とでもいうべきか、どこを見回しても美しい風景。エルベ川の砂岩山脈(Elbsandsteingebirge)と呼ばれるこの地区は、国立公園(ナショナルパーク)。とりわけ観光客で賑わうバスタイ(Bastei)に行ってきました。チェコの国境から近いため、ドイツ語の他にチェコ語もよく耳にしました。子犬を連れた人もいて、犬は時々飼い主に抱えてもらいながら、歩いています。壮大な観光地ではありますが、自家用車は3kmほど離れた駐車場に停めて、シャトルバスを利用するか、歩くかして、やっとここにたどり着きます。でもその価値十分にあり。なんせ年間150万人が訪れると言われる観光地です。

人混みはちょっと苦手、という方は、ここだけではなく、あちこちに似たような地質からなる絶景が楽しめるスポットがあります。

お城、城塞にも是非足を運んでください

シュトルペンは、マグマが冷えて固まった岩石(火成岩)の一種である玄武岩の宝庫。ドレスデンから東へおよそ10kmのところにあります。写真はシュトルペンの城塞です。 シュトルペンは、マグマが冷えて固まった岩石(火成岩)の一種である玄武岩の宝庫。ドレスデンから東へおよそ10kmのところにあります。写真はシュトルペンの城塞です。

12世紀に建てられたシュトルペン城塞は、天然記念物に指定されています。そもそも、ザクセン州でも最も火成岩(とりわけ玄武岩という、非常に硬い場所)に建てられた城塞ということで、非常に珍しいものなのですが、これは同時にヨーロッパ全体で見ても価値の高いもののようです。
文豪ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテもここを訪れたそうですよ。

この城塞は、アウグスト強王(ドレスデンを築き上げたと言っても過言ではない)のお妾であったコーゼル姫が、49年間閉じ込められた場所でもあります。
中は博物館のようになっていて、水道管や、拷問のための道具、昔の家具や食器、ベッドなど、たくさんの価値あるものが展示されています。内部も充実していますので、見学には2時間程度のお時間を計算してお出かけください。

住所 : Schlossstrasse 10, 01833 Stolpen

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/10/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索