page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・デュッセルドルフ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

給付金でセレブな旅、自分専用のショッピングガイドを付けて買い物を楽しもう


贅沢にも自分専用のショッピングガイド付き

旧市街にはショッピング街はもちろん、素敵なカフェやバーが数多くある 旧市街にはショッピング街はもちろん、素敵なカフェやバーが数多くある

数日しか滞在できない旅では、観光をしているとショッピングの時間が十分取りにくい。せっかくドイツまで来たのだから買い物を楽しみたくてもどこにお店があるのかわかりにくい。そんな悩みを解決してくれる贅沢なプランがある。“デュッセルドルフでパーソナルショッピング”と名付けられたこのプランは、117ユーロで四つ星ホテル『Holiday inn Duesseldorf』 に泊まり、ショッピングをするというもの。しかも自分専用のショッピングガイドがいるというゴージャスなサービス付きだ。

デュッセルドルフはファッションの発信地

都会といえども緑が多く、窮屈な感じが全くしない。のんびりと休暇を楽しもう 都会といえども緑が多く、窮屈な感じが全くしない。のんびりと休暇を楽しもう

デュッセルドルフといえば、ノルトライン=ヴェストファーレンの州都でありファッションでも有名。2009年の7月26日から28日までデュッセルドルフ見本市会場にて国際ファッションフェアが開催され、プロのバイヤーが世界各国から集まる。そんなファッションの最先端としての役割を果たすデュッセルドルフには、ケーニッヒスアレーという豪華なショッピングストリートがある。

2時間の優雅なショッピング

デュッセルドルフの市庁舎。周りにはバーやレストランが立ち並ぶ デュッセルドルフの市庁舎。周りにはバーやレストランが立ち並ぶ

ホテルはこのケーニッヒスアレー通りの近くに位置し、ガイドがホテルのロビーまで迎えに来てくれる。そしてケーニックスアレー通りをはじめ、旧市街にあるお店を案内してくれる。自分の好みを伝えれば、流行を把握したガイドが適切なお店へ案内してくれるのだから、こんなに頼もしいサービスはない。このプランには様々な特権が付いてくる。まずホテルでの特権は“歓迎の一杯”としてプロセッコを飲むことが出来ること、そしてホテルのビュッフェ式朝食が無料になることだ。その他にも電車やトラム、バスなどが一日中乗り放題のデュッセルドルフウェルカムカードと、デュッセルドルフの情報が詰まったインフォメーションパックがプレゼントされる。

ショッピング以外にも特権が盛り沢山

ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館(20世紀の展示K20は2010年夏まで休館) ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館(20世紀の展示K20は2010年夏まで休館)

ショッピングを満喫した後は、ウェルカムカードの特権を利用してデュッセルドルフの町を堪能しよう。ウェルカムカードを持っていると、ゲーテ博物館やハイネ研究所にある博物館、映画博物館などが無料で鑑賞できる他、デュッセルドルフにある計18の博物館や美術館の入場料、オペラや音楽鑑賞が割引になる。レストランでも特権が使える場所があり、その中でもお勧めなのは1628年創業のZum Schiffchen(ツーム・シフヒェン)。ナポレオンが訪れたことでも有名なこの店では、食事をするとデュッセルドルフの地ビール『アルト・ビア』が無料で飲める。ショッピングに博物館、歴史あるレストランで伝統のビール。短期間でも濃厚な時間をデュッセルドルフで過ごそう。

【関連情報】

■ Personal Shopping in Duesseldorf デュッセルドルフでパーソナルショッピング  
問い合わせ先:Duesseldorf marketing & Tourismus GmbH
Postfach 102163, 40012 Duesseldorf
電話:(+49) 211 17202 854
Email:willkommen@duesseldorf-tourismus.de
http://www.duesseldorf-tourismus.de/article_en2.php?folderID=10287&sub1_folderID=10288&articleID=2844
値段:117ユーロ(2人で参加した場合の一人の値段)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/04/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索