page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・デュッセルドルフ・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ポールやピンクもお気に入り   世界の大スターや富豪が選ぶ最高級ホテルに泊まる


ショッピングや観光に最高の立地、デユッセルドルフの滞在

ホテル正面玄関にて。スター滞在中は、ファンが殺到し、通りを一時通行止めにすることもあるとか。 ホテル正面玄関にて。スター滞在中は、ファンが殺到し、通りを一時通行止めにすることもあるとか。

200年以上の歴史を誇る「ブラィデンバッハーホフ ア カペラ ホテル」は、世界のスーパースターや富豪の選ぶ滞在場所として知る人ぞ知る極上の宿。世界各地を巡り最高級ホテルを知り尽くしているスターや富豪、そしてリピーターがこのホテルを選ぶ理由はいくつもあるようです。

まず最高の立地です。この街には国際航空やコンサートホールもあり、大スターの移動しやすい場所にホテルがある点です。また最高級ショッピング街「ケー二ヒスアレ-(通称ケー)」はホテルの目の前、旧市街や美術館、ライン川プロムナードへも徒歩で行けるなど、街歩きや観光の拠点としてアクセスの良さもキーポイントです。

次は、優雅でゆったりした空間の客室、客の求める要望を心得たさりげないサービスです。極上ホテルとはいえ、決して奢ることのない控えめなエレガンスが多くの客の心をつかんでいる雰囲気が伝わってきました。

客層は、ポール・マッカートニーやピンク、スティングなど大スターをはじめ、避暑を兼ねて数週間滞在するアラブ諸国からの家族連れやハネムーンで滞在するカップル、ちょっと優雅な週末を過ごしたいという客やビジネスマンなど様々です。

エントランスホールから始まる絢爛豪華で優雅な空間

エントランスホールは何時訪問してもインパクトのある美しさ エントランスホールは何時訪問してもインパクトのある美しさ

重厚感のあるヨーロピアンスタイルのホテル前にはスタッフが何名も待機しており、宿泊客や訪問客をにこやかに迎え入れてくれます。

エントランスに入りまず圧倒されるのは、1階(日本式の2階)までの吹き抜け天井と右側のきらびやかな階段、そしてテーブルに飾られている生花です。ゴールドの装飾が見事な黒大理石の階段と真紅の花の色合いがマッチして、まるで映画のワンシーンを見ているような気分になります。

この階段から1階へ上ると、宿泊客でなくても利用できるカフェとレストランがあります。午後のコーヒータイムを優雅な空間で楽しみたいという客や待ち合わせの場所として利用する客に人気が高いといいます。

宿泊客ではない、しかも極上ホテルと聞くと、「敷居が高くて入るのは気が引ける」と、足を踏み入れるのにしり込みするかもしれませんが、コーヒーを飲むだけでも是非体感したい空間です。

セキュリティ万全のラウンジはまさにリビングルーム

静寂に包まれたラウンジはまさに自宅のリビングのようにゆっくり過ごせる場所 静寂に包まれたラウンジはまさに自宅のリビングのようにゆっくり過ごせる場所

レセプションの奥にあるこのラウンジはルームキーでアクセスすることが出来ます。ホテルのコンセプトである「宿泊者を家族のように迎え入れる」という心遣いから、ラウンジはリビングルームと呼ばれています。

ゆっくりとくつろげる幅の広い大き目のソファに座り、コーヒーやソフトドリンク、クッキーや果物など(すべて無料)をいただきながら過ごしていると、立つのが億劫になってしまうほど安らぎを覚えます。散策で疲れた足を休める客、あるいは、友人やビジネス仲間との談話に利用する客などに出会いました。過ごし方は色々ですが、なんといっても思いのままにのんびりすることが出来る空間はホッとします。また新聞、雑誌なども常備されているので、いつ行ってもくつろげるまさに自分の家のリビングのように落ち着くことのできるスペースです。

またラウンジには、コンシェルジュも待機しています。美術館へのアクセス方法やコンサートチケット入手、見学やお土産のアドバイスなど、客の要望にすぐ対応してもらえます。

市街の喧騒シャットアウトの広い室内は最高のくつろぎ空間

外の騒音が全く聞こえない室内は、疲れを癒してくれる 外の騒音が全く聞こえない室内は、疲れを癒してくれる

ホテルの客室は106室あり、そのうち85室はゆったりとした広い部屋、さらに広いスイートルームが21室あります。客室は9階(日本式の8階)まであり、そのうちのワンフロワーはVIP専用です。

ショッピング街の近くとなると、どうしても車の騒音や通りの雑音が気になりますが、部屋には防音装置窓が設置されており、市街の喧騒は完全にシャットアウトされています。またフロアを通る人の話声や、エレベーター付近ですと利用客の声なども聞こえて落ち着かないこともありますが、ここでは室外からの騒音もまったく聞こえません。室内にはDVDプレーヤーや薄型テレビが備わり、日本のテレビ番組も視聴できます。そして日本人スタッフも常在しているので、いつでも対応してもらえるのも大変ありがたいです。

室内は、大都市の標準よりも広く、ミニバー飲み物は全品無料です。幼児連れのカップルには、室内にベビーベットを設置するだけでなく、ぬいぐるみのプレゼントもするという気配り。新婚カップルには、思い出し深い滞在となるようなサプライズ、例えば真紅の花びらで室内を装飾したリ、ミニチョコレートケーキを用意してお出迎えしています。

ホテル滞在を最大限に楽しむ至福のおもてなし

チェックアウト後も無料で楽しめるプール チェックアウト後も無料で楽しめるプール

そしてこのホテルの素晴らしいところは、一回の滞在でホテルを最大限利用できるよう配慮している点です。

チェックインは12時から(部屋が空いていればその前でも可能・事前に確認連絡を入れてください)、チェックアウトは午後3時。午後3時?読み間違えたのではないかと何度も確認してしまったほどです。海外からやって来る客は時差や仕事の都合で、どうしても生活のサイクルが不規則になりがちです。ようやく時差に慣れてきたところで、出国というケースもあります。そんな時にチェックアウトまでホテルを最大限に利用できるのは、客の動向や要望を心得たうれしい気配りです。

最高級ホテルとはいえ、早期予約割安や1泊無料のペイ3ステイ4、ウィークエンドスペシャルなども提供しています。宿泊しなくても、キッチンパーティやブランチ、クリスマススペシャルなどのイベントに参加するのもいいでしょう。是非一度自分の目で見て聞いて、体感したいものです。

スパ、レストランも充実

豊富な果物と新鮮な食材バイキングがうれしい朝食は食べすぎに注意 豊富な果物と新鮮な食材バイキングがうれしい朝食は食べすぎに注意

1階のカフェで味わってみたいのは、同ホテル名物のチーズケーキ。白チョコレート入りのボリュームたっぷりで、深い甘みが楽しめます。サイズは大きめなので食後に食べるとしたら、2人か3人で分け合っても充分なほどです。

朝食、ランチ、ディナーを提供するレストラン「ブラッセリ1806」は2019年7月28日より2か月半閉鎖します。朝食とランチをこのレストランでいただいたのですが、改装する必要はないのでは?と思うほど整然としてきれいでした。「客はいつも目新しいものを求めています。定期的に模様替えや改築をして、客に満足していただけるよう努めています」と、スタッフが教えてくれました。新オープンにはレストラン名も新しくなるそうです。

フィットネス施設は24時間オープン、屋内プールやサウナも完備。観光や行ってみたい場所がたくさんあり、今回は朝食前にプールでひと泳ぎしただけでしたが、実はチェックアウト後もスパやフィットネス施設を無料で利用できるのも宿泊者ならではの特典です。次の目的地に行くまで時間が許せば、スーツケースをレセプションに預けてプールやフィットネスを心置きなく楽しんでみたいものです。

インフォメーション

カフェまたはレストランで是非味わいたいチーズケーキ カフェまたはレストランで是非味わいたいチーズケーキ

Breidenbacher Hof a Capella Hotel
Koenigsallee 11,
40212 Duesseldorf
Germany
Entrance Theodor-Koerner-Strasse 1-7
ホテル入口はケー通りの角を曲がったテオドール・ケルナー通り1-7番地

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/09/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索