ゲーテ、バッハ、ルターのゆかりの地、アイゼナハ

ドイツ・アイゼナッハ・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ゲーテ、バッハ、ルターのゆかりの地、アイゼナハ

掲載日:2012/07/14 テーマ:観光地・名所 行き先: ドイツ / アイゼナッハ ライター:Kei Okishima

タグ: 音楽 街歩き 歴史



ABガイド:Kei Okishima

【ドイツのABガイド】 Kei Okishima
全ガイドを見る
ライター。早稲田大学第一文学部卒業。ドイツには高校時代に国際ロータリークラブ青少年交換留学でバイエルン州に一年間、大学時代に交換留学でベルリン自由大学、フンボルト大学に一年間留学する。その後ドルトムント大学にてジャーナリズム学科を専攻。現在はフリーライターとしてヨーロッパを中心に活躍中。

バッハハウスの前に立つ堂々としたバッハの銅像 バッハハウスの前に立つ堂々としたバッハの銅像

ゲーテが訪れた町

アイゼナハと聞くと、ドイツが好きな人なら直ぐにJ.S.バッハを連想するであろう。アイゼナハはライプツィヒと並んでバッハに最も縁の深い町だ。ヴァイマールの大臣だったゲーテもアイゼナハをしばしば訪れた。記録によると17回も訪れている。最初の頃にゲーテが泊っていたのは、町の中心部にあるシュタットシュロスという当時の方伯の城だった。後に山の上のヴァルトブルク城Wartburgに滞在するようになった。城から見渡す美しい自然に感動し、その気持をヴァイマールのシュタイン夫人へ書き送っている。ゲーテにも縁のあるアイゼナハは今日、ゲーテ街道Goethestrasseの町になっている。

 

バッハハウスの内部には彼の時代のチェンバロやオルガンが展示されている バッハハウスの内部には彼の時代のチェンバロやオルガンが展示されている

バッハ誕生の地

アイゼナハはバッハ生誕の地。バッハは北ドイツ地方の多くの町を訪れ、長期滞在あるいは住んでいたので、北ドイツ各地にバッハゆかりの町がある。それでも生家のあるアイゼナハはバッハ詣でには欠かせない。小さな町なので駅から真っすぐの道を10分ほど歩くと旧市街に着く。バッハの家Bachhausは博物館になっており、バッハの時代の家具調度品や多くの古楽器が置かれている。裏庭も素朴ではあるが趣があって美しい。近年、隣に新しい博物館が完成し、ハイテク技術を駆使した展示と共に音響効果抜群の音楽が楽しめる。コンサートも頻繁に行われており、古楽器を使った演奏も聴くことができる。家の前には大きなバッハの銅像が立っている。

 

ルターが下宿していた美しい木組みの家(ルターハウス) ルターが下宿していた美しい木組みの家(ルターハウス)

ルターの下宿先

アイゼナハはまた、ルターゆかりの町でもある。ルターは1498年、15歳のとき家族と離れて1人でここにやってきた。ルターの父は彼を法律家にさせたかった。ルターが下宿していたのは豪商のコッタ家で、この家から3年間学校へ通った。18歳でエアフルト大学の法学部へ進むが、その間にルターは雷に打たれて奇跡的に助かるという体験をした。それ以来、ルターは信仰に目覚め、宗教の道を歩んでいく。コッタ家の館は現在ルターハウスLutherhausとして公開されている。中世ドイツの立派な木組みの館で、ルターが住んでいた部屋やルターに関する展示を見ることができる。

 

ヴァルトブルク城内のルターの部屋 ヴァルトブルク城内のルターの部屋

聖書の翻訳

ルターの業績で最も偉大なことは、新約聖書をギリシャ語からドイツ語に翻訳したことだ。既にグーテンベルクが活版印刷を発明していたので、ドイツ語の聖書は瞬く間にヨーロッパ中に広まっていった。1521年、カトリック教会から異端者とされたルターは帝国から追放された。ルターはザクセン侯の庇護のもと、アイゼナハの山の上にあるヴァルトブルク城Wartburgに隠れ住み、ここで聖書の翻訳にとりかかった。その部屋は今も当時のままの状態で保存されている。大変古めかしい机からは500年近い歳月を感じ取ることができる。ゲーテ、バッハ、そしてルター、とドイツの偉大な人物たちゆかりのアイゼナハ。1日では観光しきれない見どころの多い町である。

 

朝日に輝いて聳えるヴァルトブルク城 朝日に輝いて聳えるヴァルトブルク城

【関連情報】

データ:
バッハハウス Bachhaus
住所 Frauenplan 21
開館 毎日10:00~18:00
料金 6.50ユーロ

ルターハウス Lutherhaus
住所 Lutherplatz 8
開館 毎日10:00~17:00
料金 3.50ユーロ

ヴァルトブルク Wartburg
開館 見学はガイドツアーのみ 3月〜10月:8:30〜17:00、 11月〜2月:9:00〜15:30
料金 8ユーロ

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/07/14)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事