page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・フランクフルト・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ビジネスマンに独占させるにはもったない フランクフルトの魅力


掲載日:2008/04/30 テーマ:観光地・名所 行き先: ドイツ / フランクフルト

タグ: すごい! ショッピング 博物館 美しい


ドイツ旅行の玄関口フランクフルト

今はカフェとなっている旧護衛宿舎ハウプトヴァッヘ。人気のカフェなので席を取るのに一苦労 今はカフェとなっている旧護衛宿舎ハウプトヴァッヘ。人気のカフェなので席を取るのに一苦労

中世では皇帝の戴冠式が行われたり、19世紀半ばにドイツ国民議会が開かれた町、というとどんな町を想像するだろうか。実はこの町、今では金融の町として有名なフランクフルトである。日本からドイツへの直行便は、首都ベルリンではなくフランクフルト(一部はミュンヘン)に飛んでいる。ところがフランクフルトを見学せずにそのまま次の町へ行ってしまう観光客が多い。「フランクフルトは金融の町だからビジネスマン以外は用がない」、なんて言う人もいる。ところがフランクフルトは意外と興味深い町である。

なぜフランクフルトが金融の町に

見るものを一瞬にして虜にするレーマーベルク広場。この付近のカフェでゆったりとするのも気持ちが良い 見るものを一瞬にして虜にするレーマーベルク広場。この付近のカフェでゆったりとするのも気持ちが良い

ここには中世から大規模なユダヤ人居住地があり、多くのユダヤ人が住んでいた。金融業に長けたユダヤ人たちは権力者たちと結びついて成功していた。その中に、かの有名なロスチャイルドがいる。最初の成功者マイヤー・ロスチャイルドには5人の息子がおり、それぞれに支店を出させた。ウィーン、ロンドン、ナポリ、パリ、とヨーロッパ各地に店を構え、その後ヨーロッパの金融を支配していく。長男は本店のフランクフルトを引き継ぎ、こうしてフランクフルトは金融の町となった。しかしながら観光客にとっては金融よりも、古い歴史を感じる家並の方に魅せられる。中心部からマイン川寄りのレーマーベルク広場は、美しい木組の家屋で囲まれている。西側に3軒並んだ建物レーマーは15世紀に市庁舎として、その後は皇帝即位の祝賀会場として使われた。真ん中の建物がレーマーと呼ばれていたことからその呼び名がある。内部の「皇帝の間」には、カール大帝からフランツ二世までの歴代皇帝52人の大きな肖像画が展示されている。

町で最も賑やかなのはハウプトヴァッヘ周辺

アルテ・オーパー。夜ライトアップされている姿はまるで町に浮かぶお城のようで美しい アルテ・オーパー。夜ライトアップされている姿はまるで町に浮かぶお城のようで美しい

いくつもの地下鉄やSバーン(郊外電車)が入り込むハウプトヴァッヘ駅。電車を降りて地上へ出るとかつての護衛宿舎だった建物ハウプトヴァッヘがあり、現在は人気のカフェになっている。全長300mほどのゲーテ通りは、フランクフルトで最も垢ぬけたショッピングエリア。ここにはフランスやイタリアのブランド店が並んでいる。ゆったりと品物を選ぶことができるので、混雑したパリやミラノの本店より良いかもしれない。オペラ座広場に優雅な姿を見せているのは1880年に建てられたアルテ・オーパー(旧オペラ座)。第二次世界大戦で全壊したが、1981年に再建されている。

最大の見どころはゲーテの家

文豪ゲーテが育った家、ゲーテハウス。軋む廊下が歴史を感じさせる 文豪ゲーテが育った家、ゲーテハウス。軋む廊下が歴史を感じさせる

何と言ってもフランクフルトは、あの文豪ゲーテが生まれ育った町である。裕福な家に生まれたゲーテはライプツィヒやストラースブルクに留学して恵まれた青年時代を過ごした。ゲーテの家は第二次大戦の被害を被ったが後に修復され、疎開されていた家具調度品が戻されて博物館(ゲーテ・ハウス)となっている。立派な4階建館の内部には様々な資料とともに、ゲーテが暮らしていた時代が再現され、ゲーテ誕生の間や仕事部屋がある。近世ドイツの上流階級に属する市民の暮らしぶりを垣間見ることのできる、貴重な博物館である。様々な顔を持つフランクフルト。ドイツ旅行の玄関としてだけではなく、時間を取って滞在してみてはいかがだろうか。

【関連情報】

■Goethe Haus(ゲーテの家)
Grosser Hirschgraben 23-25, 60311 Frankfurt am Main
電話:(+49)69 138 800
開館時間:月〜土 10:00〜18:00, 日10:00〜17:30
入館料:5ユーロ

■Juedisches Museum Frankfurt am Main(ユダヤ博物館)
※ ロスチャイルドの家
Untermainkai 14/15, 60311 Frankfurt am Main
電話:(+49)69 212 35000
開館時間:火〜日 10:00〜17:00 水 10:00〜20:00
入館料:4ユーロ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索