page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・フランクフルト・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界遺産のライン川の古城でロマンチックなひと時を過ごそう


掲載日:2012/11/18 テーマ:観光地・名所 行き先: ドイツ / フランクフルト

タグ: たのしい 一度は行きたい


ライン河畔最大の城塞

2人だけのために設けられたテーブル 2人だけのために設けられたテーブル

ドイツに古城多しと言えど、このラインフェルス城ほど巨大な城塞は珍しい。ライン河畔では最大の城塞である。中世に建てられた中核となる部分は廃墟になっているが、近世に改築されたルネサンスの城は古城ホテルとなっている。ライン川の眺めが素晴らしいレストランも人気で春から秋にかけて、多くの観光客が訪れる。ライン下りの途中に是非ザンクト・ゴアールSt.Goarで下船し、城へ寄って行きたい。ラインフェルス城へは、ライン下りの船以外に鉄道で行くこともできる。フランクフルト中央駅からマインツで乗り換えてザンクト・ゴアールまで時間45分ほど。4月から10月まではマルクト広場と城を往復するミニバスがある。城から町までは下りなので徒歩20分ほど。

ワンランク上の部屋に泊まり城の雰囲気を満喫

城跡博物館の塔から眺めるシュロスホテルとザンクト・ゴアールの町 城跡博物館の塔から眺めるシュロスホテルとザンクト・ゴアールの町

ホテルはライン川を見下ろす崖の淵に建っている。レストランへの入り口にレセプションがあり、スタッフがにこやかに迎えてくれた。レストランは全面ガラス張りで大変見晴らしがよい。客室はスタンダード、コンフォート、デラックスの3タイプある。スタンダードの部屋でも十分に広く、眺めも良いが、コンフォートやデラックスになると、いかにもシュロスホテルという雰囲気がある。ホテル本館には30室、少し離れたヴィラに30室、そして長期滞在者用の館に4室、合計64の客室がある。部屋で一休みしたら、中庭を隔てた本館の向かい側に中世の城跡があるので是非見学に出かけよう。

中世の城の形態が分かる城跡博物館

城跡に残る、かつて本館だった建物の部分 城跡に残る、かつて本館だった建物の部分

ラインフェルス城は17世紀に建て替えられた南側部分が現在のホテルで、16世紀までに建てられた北側部分が城跡博物館になっている(入場料4EUR)。訪れてみると、驚くほどの広さである。中世の武具などが展示されている小さな建物もあるが、ほとんどが廃墟のまま。ここを訪れるとヨーロッパ中世の城の形態が非常によく判る。大河ラインに面した南側は絶壁なのでそのままであるが、丘が続く北側は敵に備えて何重にも堡塁が造られている。かつて14日間に渡って城が包囲されたことがあるため、特に北側は頑丈に造られた。所々に残る塔には登れるものもあり、上からは素晴らしいライン渓谷の景観が楽しめる。石を削って造られた投石用の丸い石が道端にそのまま積み上げられていた。

お二人様用席で素敵な思い出を

季節の良い時期、テラスレストランはいつも満席 季節の良い時期、テラスレストランはいつも満席

ザンクト・ゴアールは8世紀に修道院が建設されたことで町が形成され、この地方の伯爵カッツェネルボーゲンが13世紀に町の高台に城を築いた。これが最初のラインフェルス城で、フェルスとは岩盤の意味。16世紀から18世紀にかけてのヘッセン方伯支配の時代に今日の城郭ができた。城は1973年に改築されてシュロスホテルとなった。古城の特徴を十分に生かしており、分厚い城壁に開けられた、かつて大砲を置いていた場所は今日お二人様用テーブル席。夕刻、こんなところでワイングラスを傾けたらどんなにロマンティックであろう。ラインフェルス城を含めたライン川中流域が2002年にユネスコの世界遺産に登録された。世界遺産の城で、素敵な夜を過ごしたい。

【関連情報】

エレガントなベッドが置かれたコンフォートの部屋 エレガントなベッドが置かれたコンフォートの部屋

ロマンティックホテル・シュロス・ラインフェルス
Romantik Hotel Schloss Rheinfels

住所:Schlossberg 47 56329 St. Goar
Telefon +49 6741 802-0,
Telefax +49 6741 802-802
料金:90〜280 EUR
info@schloss-rheinfels.de
http://www.schloss-rheinfels.de/start/


城塞博物館:3月半ばから10月半ばまで9:00〜18:00、10月半ばから3月半ばまで11:00〜17:00
ライン下りの時刻表
http://www.k-d.de/de/linienfahrten/fahrplan-rhein/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/11/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索