ドイツのゴミ事情。まずは、教育から。

外国人が語学学校で使う初級用ドイツ語テキストには、まず最初にゴミの分別の仕方がテーマとして載っています。もちろん簡単な単語や文法から習うのですが、「これは、ゴミ箱です」というフレーズなどがでてくるのです。そのため、私はおかげさまでゴミ関係のドイツ語単語は、ばっちり覚えました。ドイツには、たくさん移民がいますので、語学の教育がてら、ゴミの分別も教えてしまおうというドイツらしい合理的な考え方だと思います。実際、ドイツのゴミの集積場には、たくさんの種類のゴミ箱があって、外国人にはわかりにくいですし、分別を守ってもらわなくては、再度分別をしなおさなくてはならず、ドイツ人も困ってしまいます。

しっかり分別。ドイツの真面目なゴミ事情 しっかり分別。ドイツの真面目なゴミ事情

紙やガラスは資源です。分別して捨てましょう

生活ゴミは、果物や野菜の皮などの生ゴミのほか、紙類、缶やビン類など、たくさんあります。日本でも、自治体によって捨て方に細かく決まりがありますが、まちまちで、ドイツほどは徹底していません。ドイツの住宅街にあるゴミの集積場には、生ゴミなどの「普通のゴミ」を入れる巨大なゴミ箱、紙類を入れるゴミ箱があり、そのとなりに色分けされた丸型のゴミ箱があります。この丸型のゴミ箱は、ガラス瓶用です。なぜ色分けされているかというと、緑色の瓶、茶色の瓶、透明な瓶と分別して捨てるようになっているからです。紙も資源ですが、ガラスも資源です。再利用ために、捨てる段階から色分けをしておくのです。

ゴミを出さない工夫。ドイツは先進国です

最近は、日本でもスーパーの買い物に「マイバッグ」を持って行くようになりましたが、ドイツではずいぶん前から「マイバッグ」が普通です。スーパーのレジ袋は有料が当たり前ですので、ケチで有名なドイツ人は、もちろん「マイバッグ」持参です。また、ヨーグルトの瓶やジュースやビールの瓶、ペットボトルまで保証金がついていて、空き瓶をスーパーに返すと保証金が返ってくる仕組みになっています。空き瓶をスーパーに持っていくのは面倒ですが、ドイツ人はケチです。しっかり保証金を返してもらいます。また、着古した洋服は、専用のリサイクル箱が街中に設置されていますので、ここに入れます。まだ着られるものは修繕して、養護施設などにまわす仕組みになっています。日本でも、真似したほうがいいアイディアですね。