page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ハンブルク・カジノの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

魅惑のルーレットが回る!ハンブルクのカジノ“シュピールバンク”


掲載日:2009/05/29 テーマ:カジノ 行き先: ドイツ / ハンブルク

タグ: たのしい


お洒落をしてカジノを楽しむ

ルーレットが回ると皆の緊張が高まる。回転盤の上をコロコロ転がる白いボール ルーレットが回ると皆の緊張が高まる。回転盤の上をコロコロ転がる白いボール

ルーレットがくるりと回り、白いボールが皆の運命を背負いながら回転盤の上を転がる。シュピールバンク・ハンブルクには毎晩多くの客が訪れ、この白いボールが辿りつく先を見守っている。シュピールバンクとはカジノのことだ。カジノに入る条件は、18歳以上であること。年齢を確認するため、必ず身分証明書が必要になるので忘れずに持っていこう。気になるドレスコードだが、ある程度のおしゃれは必要だ。ネクタイこそしてないものの、殆どの客がスーツで遊びに来ており、少なくともジャケットは着て行きたい。また、写真撮影は固く禁止されているので要注意。

見ているだけでも十分楽しめるルーレット

初めに会計でコインを購入し、そのコインでプレイをする。ゲームが終わると、このようにコインが回収される 初めに会計でコインを購入し、そのコインでプレイをする。ゲームが終わると、このようにコインが回収される

シュピールバンク・ハンブルクにはいくつかスペースが分かれており、ルーレット、カード(ブラックジャック、ポーカ)、そして別室でスロットマシーンが楽しめる。ルーレットは一度見てみたいゲームの一つ。大きな数字1つにズバリ賭ける方法から(配当は36倍)、2つの数字(配当は18倍)、3つの数字(配当は12倍)、6つの数字(配当は6倍)などにまたがって賭ける方法もある。初めて賭けるときはまず、“赤か黒”もしくは“奇数か偶数”に賭けるという簡単な方法から始めてみると良い。1から18まで、19から36までに賭けるという方法もある。5ユーロから賭けることが出来る。

どちらの方式がお好き?

ポーカーやブラックジャックにもそれぞれ専用のテーブルがある ポーカーやブラックジャックにもそれぞれ専用のテーブルがある

ルーレットには“ヨーロッパ式”と“アメリカ式”がある。シュピールバンク・ハンブルクではどちらの方式も楽しむことが出来る。中央の大きいテーブルがヨーロッパ式、端にある2つの小さめのテーブルがアメリカ式だ。ヨーロッパ式に比べてアメリカ式は決まった動作や儀礼がないため、ゲームが早く進む。そのため短時間で多くの勝負をしたい人にはアメリカ式がお勧め。若い人はアメリカ式を好む傾向があるという。

お酒を飲みながら贅沢な時間を

煌びやかな装飾がなく、落ち着いた雰囲気。部屋にはそれぞれ特徴がある 煌びやかな装飾がなく、落ち着いた雰囲気。部屋にはそれぞれ特徴がある

これらのゲームが出来る大部屋の向かい側に、小さめでモダンな部屋がある。ここはバーがメインで、奥に小さなルーレットが設置されている。大部屋の煌びやかな雰囲気が苦手な場合は、ここでゆっくりとお酒を楽しみながらゲームをすることも可能。自分に合った場所で日本では味わえない贅沢な時間を過ごそう。

【関連情報】

■ Spielbank Hamburg(シュピールバンク・ハンブルク カジノ)
住所:Stephansplatz 10, 20354 Hamburg
電話:(+49) 40 33 47 330
営業時間:15:00〜4:00am
入場料:2ユーロ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/05/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索