page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ハンブルク・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

600年ぶりに蘇った海賊の顔とは?見逃せないシュテルテ・ベーカーの頭蓋骨


掲載日:2009/07/17 テーマ:観光地・名所 行き先: ドイツ / ハンブルク

タグ: ロマン 博物館 歴史


うっかり見逃さないように要注意!

ハンブルク歴史博物館内に展示されているシュテルテ・ベーカーの頭蓋骨 ハンブルク歴史博物館内に展示されているシュテルテ・ベーカーの頭蓋骨

ハンブルクの歓楽街として有名なザンクトパウリ駅を降り、ホルステンヴァール通りを少し歩くと素敵な建物に目を奪われる。これはハンブルクの歴史がすべて詰まった、ハンブルク歴史博物館。歴史好きの人ならば一日いても見飽きることのない、奥の深い博物館だ。しかし時間がない人のために、一つだけ見逃せないポイントをお教えしよう。5年前に600年ぶりに蘇った“海賊の顔”である。その海賊の名はシュテルテ・ベーカー。14世紀に北ドイツでバルト海を支配した有名な海賊だ。約120年前からハンブルク歴史博物館に所蔵されている“シュテルテ・ベーカーの頭蓋骨”から彼の顔が描き出されたのだ。

本当にこれがシュテルテ・ベーカーの頭蓋骨?

当時の港の様子。右上には捕えられ、処刑された海賊たちの頭部が描かれている 当時の港の様子。右上には捕えられ、処刑された海賊たちの頭部が描かれている

シュテルテ・ベーカーについては、さまざまな伝説が残る。多くの研究家が彼の人生を探ってきているが、残念ながら正確な情報は未だ得られていない。なにしろ当時の記録が殆ど残っていないのだ。実際、ハンブルク歴史博物館に展示されている“シュテルテ・ベーカーの頭蓋骨”とされているものも、100%彼のものだと言える証拠がなく、いまだに各分野で研究が行われている。この頭蓋骨は、1878年にハンブルクの港付近から工事中に発見された。そこは中世、処刑場として利用されていた場所だ。その後オックスフォード大学の考古学研究室において、この頭蓋骨が1390年から1450年の間のものだということが判明する。シュテルテ・ベーカーは1401年10月21日に処刑されたとされているので、年代的にはぴったり当てはまる。

重要な証拠!まっすぐ打ち抜かれた釘

これが噂の頭蓋骨。まっすぐ打ち抜かれた釘が痛々しい これが噂の頭蓋骨。まっすぐ打ち抜かれた釘が痛々しい

当時、処刑された海賊たちは、見せしめのために打ち取った頭部を木の柱に打ち付けて市民に披露する習慣があった。しかし釘を頭蓋骨が崩れないようにまっすぐ打ち込むのは至難の業。それゆえ多くの頭蓋骨は、時間とともに崩れていった。しかしハンブルク歴史博物館に展示されている頭蓋骨は、頭の中心にまっすぐ釘が刺さっているため、何百年という時が過ぎても崩れることがなかった。それゆえ、この頭蓋骨の持ち主が当時重要な人物で、絶対に崩れないようにと細心の注意を払って打ちつけられたものであると考えられている。では1390年から1450年の間に重要だった海賊は誰がいるだろか、と考えたときに、まず名を挙げられるのがシュテルテ・ベーカー。このことよりこれがシュテルテ・ベーカーのものである可能性が高いと言われている。

リアルに蘇った海賊の顔

シュテルテ・ベーカーもこんな風に港に打ち付けられていたのだろうか シュテルテ・ベーカーもこんな風に港に打ち付けられていたのだろうか

そして5年前、この頭蓋骨を元にシュテルテ・ベーカーがどんな顔をしていたのかが再現された。再現するにあたり医者、歴史学者、考古学者などが共同で研究を重ね、肉の厚みなどを正確に調査した。そしてこの研究結果をもとにマスク作りの第一人者であるフランス人美術家、エリザベス・デネスがシュテルテ・ベーカーの頭部を製作した。奥まった目、大きな鼻、乱れた髪の毛。頭蓋骨の横に置かれたこの頭部はあまりの生々しさに後ずさりしてしまう。もし仮にこれがシュテルテ・ベーカーの頭蓋骨でなかったとしても、14世紀に実在した重要な海賊がこの顔をしていたことには間違いない。

【関連情報】

■Das Museum fuer Hamburgische Geschichte ハンブルク歴史博物館
Holstenwall 24, D 20355 Hamburg
電話:(+49)40 428132 2380
開館時間:火曜日〜日曜日10:00〜17:00(日曜日は18:00まで)
入場料:7.50ユーロ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/07/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索