ハーメルン旅行・ハーメルン観光徹底ガイド

ハーメルン旅行・ハーメルン観光徹底ガイド

ハーメルン旅行・観光の見どころ・観光情報

ハーメルンはドイツ北部ニーダーザクセン州にある小さな町。13世紀にこの町で起こったとされる『ハーメルンのネズミ捕り男』伝説で世界的に知られており、グリム童話ゆかりの地を結んだメルヘン街道の町のひとつだ。ここではこの伝説の足跡をたどるのが観光のハイライトで、伝説を伝える碑文や銅像が町のあちらこちらに見られる。もっと詳しく知りたければハーメルン博物館へ。マルクト広場近くの「結婚式の家」には、伝説をテーマにした仕掛け時計があり、日に3回時を告げながら動く。また5月中旬〜9月中旬の毎日曜日には、仕掛け時計の下で市民たちが伝説を演じる無料の野外劇も行われる。レストランには「ネズミのしっぽ」なる名物料理もあり、不思議な伝説に思いを馳せながら味わってみたい。(2016年9月編集部調べ)

ハーメルンへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/07/26現在) フライト時間 現地との時差
ドイツ語 EUR 1 EUR = 130.4351 JPY 約12.5時間 約-8時間

ハーメルンの人気問合せ情報

ハーメルンの最安値カレンダー

ハーメルン旅行・観光の選び方

ベルリンを起点にした北ドイツの周遊ツアーで訪れるのがおすすめ

ハーメルンを訪れるツアーは、フランクフルトを起点にメルヘン街道のカッセル、ハン・ミュンデン、ブレーメンなどの町を訪ねていくコースや、ベルリンから鉄道を使って行くプランなどがある。ツアー期間は8日間程度で、ハーメルン伝説の野外劇が行われる5月中旬〜9月中旬の間に催行されることが多い。お土産には硬く焼いたパンで出来た可愛らしいネズミが一番人気。食べることはできないが旅の記念に持ち帰って飾りたい。ネズミ男が滞在したと言われるレストランでは「ネズミのしっぽ」というメニューがあり、記念に味わってみてもいいだろう。ちなみに豚肉料理なのでご安心を。(2016年9月編集部調べ)


ハーメルンのグルメ・伝統料理

基本的に伝統的なドイツ料理が主体となる。ハーメルンは「ハーメルンのネズミ捕り男」の伝説で有名な町。町はネズミのキャラクターで溢れているが、「ネズミのしっぽ」という名前の料理を出すレストランもある。これは豚肉を細く長く切ったものをフライパンで炒めたもので、名前とは裏腹に大変おいしい。このほかに定番のドイツ料理がどこのレストランでも食べられる。秋はキノコ料理やジビエ料理もおすすめ。(2015年編集部調べ)

ハーメルンのショッピング情報

『ハーメルンのネズミ捕り男』伝説で有名な町。言うまでもなく町のシンボルはネズミ。町の中の至る所にネズミのグッズがあふれている。古くからハーメルン土産として売られているのは乾パンで作られた15cmほどのネズミ。町の土産物店や文房具店の店先には籠いっぱいに乾パンのネズミが入っている。乾パン以外のネズミではぬいぐるみやキーホルダーなど。ネズミ捕り男も町のシンボルで、マグカップなどに描かれている。ラッテンキラー(ネズミ殺し)という強いお酒も名物。(2015年編集部調べ)

ハーメルンの気温・降水量ベストシーズン情報

天気が良いのは5〜10月まで。夏でも夜や天気の悪い日は薄手の長そでなどの服装を。ハーメルンの野外劇が演じられている期間なら日曜日を目がけてハーメルンへ到着するのがよい。(2015年編集部調べ)

ハーメルンのオススメツアー

ハーメルン旅行・ハーメルン観光徹底ガイド

2件ヒットしました (1旅行会社 23.04〜24.04万円)
  • 1|

合算燃
目安
23.04
24.04

旅行代金: 21.30〜 22.30

燃油目安燃: 1.74

8日間

大阪発

ホテル:
ホテル・デア・アハターマン、ホテル・ヨーロッパ・シティ、ツア・クローネ…
航空会社:
KLMオランダ航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

合算燃
目安
23.04
24.04

旅行代金: 21.30〜 22.30

燃油目安燃: 1.74

8日間

成田発

ホテル:
ホテル・デア・アハターマン、ホテル・ヨーロッパ・シティ、ツア・クローネ…
航空会社:
KLMオランダ航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

2件ヒットしました (1旅行会社 23.04〜24.04万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top