ハーメルングルメ・料理ガイド

ハーメルングルメガイド

ハーメルンのグルメ・伝統料理

基本的に伝統的なドイツ料理が主体となる。ハーメルンは「ハーメルンのネズミ捕り男」の伝説で有名な町。町はネズミのキャラクターで溢れているが、「ネズミのしっぽ」という名前の料理を出すレストランもある。これは豚肉を細く長く切ったものをフライパンで炒めたもので、名前とは裏腹に大変おいしい。このほかに定番のドイツ料理がどこのレストランでも食べられる。秋はキノコ料理やジビエ料理もおすすめ。(2015年編集部調べ)


ハーメルンのレストラン・屋台

高級レストランは少ないが、古くからある有名なレストランはいくつかある。予算は15ユーロ前後。「ネズミのしっぽ」が食べられるのはその昔、ネズミ捕り男が滞在したと言われるレストラン・ラッテンフェンガーハウス(ネズミ捕り男の家)。郷土料理ではないがプファンクーヘンと呼ばれる、クレープのようなものに肉や野菜を挟んだ料理の専門店がフンメンシュトラーセにある。大変おいしいので是非試してみたい。屋台は中心となる旧市街のオスター通りやいくつかの広場にあり、ソーセージのホットドッグが中心。

ハーメルンの水・お酒

水道水は飲めるが、きちんと飲みたい人はスーパーなどでペットボトルの水を買う方がよい。北ドイツにはブドウ栽培地域がないので地元ワインというものがない。飲み物はワインよりもビールが主流となる。ブレーメンが近いので、ベックスというブレーメンのビールが多い。レストランではもちろんワインのストックが豊富で、むしろ地元産がないので高級レストランでは全地域のワインを貯蔵しているところが多い。ビールもベックス以外の銘柄もたくさんある。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ハーメルングルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるハーメルンの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ハーメルンのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!