page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ハルツ地方・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

魔女の宴会“ヴァルプルギスの夜”、ハルツ地方で過ごしたい!


掲載日:2009/03/04 テーマ:祭り・イベント 行き先: ドイツ / ハルツ地方

タグ: おもしろい 祭り


魔女の宴会場「ブロッケン山」

ヴァルプルギスの夜は、魔女で有名なハルツ地方で過ごしたい ヴァルプルギスの夜は、魔女で有名なハルツ地方で過ごしたい

「ヴァルプルギスの夜」をご存じだろうか? ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの戯曲『ファウスト』や児童文学作家、オトフリート・プロイスラーの『小さい魔女』などに出てくるので、聞いたことがあるかもしれない。特に『小さい魔女』を子供の頃に読んだことがある人は、この夜がどんなものなのか、いつか訪ねてみたいと思ったに違いない。4月30日から5月1日にかけてブロッケン山ではハルツ地方の山々から箒に乗った魔女たちがやってきて宴会をするという言い伝えがある。ブロッケン山とは一体どんな山なのであろうか。おどろおどろしいゴツゴツした山を想像しがちだが、実際には平坦で標高1142mという低い山である。

「ヴァルプルギス」は実は有難い聖女

ここに魔女が?平坦で穏やかな雰囲気のブロッケン山。この美しい自然に触れるため訪れる観光客も多い ここに魔女が?平坦で穏やかな雰囲気のブロッケン山。この美しい自然に触れるため訪れる観光客も多い

この日はヴァルプルギスの夜と呼ばれている。ヴァルプルギス、という名前はそもそも聖女ヴァルプルギスに由来する。どんな聖女かというと、疫病や妖術から守ってくれるというありがたい存在。それなのになぜ魔女の日の名前になってしまったのだろうか。もともとはキリスト教以前の異教が、春を祝う祭りをこの日に行っていたため、それが宗教裁判を通して魔女に変化してしまった。この日は魔女が暴れまわって悪さをすると。ゲーテは古い言い伝えにヒントを得てファウストの第一話にヴァルプルギスの夜の話を書いた。そしてその舞台がブロッケン山に設定されている。

東西統一で再び一つとなったハルツ地方

装飾的な門が印象的な建物。ゴスラーの町は屋根がスレートで出来ている家が多く、銅版画のような美しさが魅力的 装飾的な門が印象的な建物。ゴスラーの町は屋根がスレートで出来ている家が多く、銅版画のような美しさが魅力的

本来は他の地方でも魔女の祭りがある。この日は魔除けのために火を燃やしたり、箒を隠したり、魔女が暴れまわって被害をもたらさない工夫がされてきた。現在その習慣が残っている地方もあるが、ゲーテのファウスト以来ハルツだけが有名になった。ハルツ地方は東西ドイツ時代には東側と西側に分裂していたため、この地方の自然を満喫するには物足りない雰囲気があった。統一後はこの素晴らしい自然や伝説を愛する人たちが再び訪れるようになった。

世界遺産に指定されているゴスラーの旧市街

旅の思い出に魔女の人形はいかが?表情豊かなかわいい魔女が店頭に並ぶ 旅の思い出に魔女の人形はいかが?表情豊かなかわいい魔女が店頭に並ぶ

ハルツ地方へ行く時、近郊都市・ハノーファーを拠点にすることが多いのだが、そのハノーファーから電車で1時間ほどのところにゴスラーがある。この町は、世界遺産にも指定されており、旧市街を訪れる人を魅了する。中世では恐れられていた魔女も今では町のシンボルとして愛されている。ゴスラーの町にはこの季節以外でも一年中至るところで箒に乗った魔女の人形を見かける。しかしヴァルプルギスの夜は特別。4月30日から5月2日まで町中がお祭りだ。あらゆるカフェやレストランで看板を持っているのが魔女の人形。普通の家の窓からも魔女が外を覗き見しているなど、町には魔女ばかり。旧市街はミステリアスな雰囲気に変化し、ミュージシャンのライブもあり、様々な屋台が立ち並び大騒ぎ。ゴールデンウィークの旅行にぴったりのお祭り、ヴァルプルギスの夜を町の人と一緒に楽しもう。

【関連情報】

■ Walpurgis in Goslar ゴスラーのヴァルプルギスの夜
日程:2009年4月30日〜5月2日
URL:http://www.goslar.de/
ゴスラーへのアクセス:ハノーファーから電車で約1時間。
また、フランクフルト(Frankfurt)からの場合、まずドイツ鉄道(DB)でヒルデスハイム(Hildesheim)まで行き、そこから乗り換えてゴスラー(Goslar)まで約3時間20分。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/03/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索