page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ハイデルベルク・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ハイデルベルク・欧州で一番長い歩行者天国で6つのクリスマスマーケットを一気に満喫!


古城が見守るハイデルベルク旧市街のクリスマスマーケット

カールス広場でスケートリンクを囲みながらライトアップされた古城を満喫する人で大賑わい カールス広場でスケートリンクを囲みながらライトアップされた古城を満喫する人で大賑わい

ドイツでもひときわ人気の高い古城や国内最古の大学、ゲーテをはじめ多くの文豪や哲学者に親しまれた古都ハイデルベルクは、季節を問わず訪問客を魅了します。これから始まるクリスマスマーケットは古城が見守る旧市街の本通りを中心に繰り広げられ、この通りに6つのマ-ケットが設置されます。

時間の限られた来客にとって、これほどうれしいことはありません。本通りを散策するだけで、すべてのクリスマスマーケットを楽しむことが出来るからです。しかも頭上にはハイデルベルク古城も時々顔を見せ、中世の街並みはロマンチックそのものです。

本通りに設置された140の屋台からはクリスマスならではのホットワインやソーセージ、グリル肉やワッフルなどのたまらない香りが漂ってきます。地元産のはちみつやフルーツリキュール、キャンドルやクリスマスオーナメントなどを販売する色鮮やかな屋台は、ついつい立ち寄りたくなってしまうほど。お土産やクリスマスプレゼントを買いあさるのも楽しみです。もちろん見るだけでも心が躍るに違いありません。ここでは大学広場、マルクト広場、カールス広場のクリスマスマーケットを紹介しましょう。

大学広場

軽くて手軽な木製オーナメントはお土産やプレゼントに大人気 軽くて手軽な木製オーナメントはお土産やプレゼントに大人気

旧市街の南北にまたがる本通りは欧州で一番長い歩行者天国で長さ1.8キロメートルに及びます。その中ほどに位置する大学広場のマーケットは、ハイデルベルクで一番規模の大きいクリスマスマーケットです。ここには約70の屋台が立ち、メリーゴーランドや飲食屋台の周辺では家族やカップルでいつも大賑わいです。

また昼夜観光客や周辺にある大学校舎を行き来する学生たちで賑わう石畳のこの通りには、学生用の居酒屋や高級ホテルとレストラン、お土産店やブティック、ビアホールに伝統的なカフェやワインセラーなどが軒を連ねています。予約なしでは座れない飲食店もありますが、ちょっと内部を覗いてみるだけでも足を運びたいお店ばかりです。

マルクト広場

マルクト広場のメインスポット・クリスマスピラミッドは待ち合わせ場所としても人気。ここで販売されているホットワインを是非どうぞ マルクト広場のメインスポット・クリスマスピラミッドは待ち合わせ場所としても人気。ここで販売されているホットワインを是非どうぞ

市庁舎と聖霊教会のあるマルクト広場にはハイデルベルク市内にある学校や団体主催の屋台が多く設置されています。毎年ライオンズクラブ主催の写真館「ニコラウスの家(Haus des Weihnachtsmanns)」では家族連れやカップルがこの機会に記念写真を撮ろうと長蛇の列が絶えません。写真撮影の収益の一部は寄付に使われるそうです。

2019年からこの広場に新アトラクションが登場します。ハイデルベルク城の地下にある世界最大級のオリジナルビール樽のレプリカが設置されるというのです。オリジナル樽の半量12万リットルも入る「ハイデルベルクの樽」内部は、販売店として用いられるようです。マルクト広場は巨大なクリスマスピラミッドが有名ですが、また一つユニークなスポットが増えました。

カールス広場

ハイデルベルクのクリスマスマーケットでスケートをひと滑り。忘れられない思い出になること間違いなしです ハイデルベルクのクリスマスマーケットでスケートをひと滑り。忘れられない思い出になること間違いなしです

カールス広場のハイライトは頭上にハイデルベルク古城を見ながら楽しむアイススケートリンクです。古城のふもとで滑るスケート場としては、ドイツで一番素敵なスポットと評判です。

スケート靴は1足4ユーロで賃貸できます。時間に余裕があれば、思い切って挑戦してみるのはいかがでしょうか。リンク入場料金は大人5ユーロ、子供3ユーロで90分間楽しめます。きっと忘れられないクリスマスマーケット訪問の思い出になることでしょう。

とにかくここから眺める古城はひときわ幻想的で、リンク周辺に佇み、スケーターを見ながら古城の景観を楽しむ人たちが後を絶えません。スナックやホットドリンクの屋台もあり、子供達にも人気の広場です。

インフォメーション

コルン広場のクリスマスマーケット。暗くなるとほのかなスポットライトを浴びた古城(左上)が見え、一層幻想的だ コルン広場のクリスマスマーケット。暗くなるとほのかなスポットライトを浴びた古城(左上)が見え、一層幻想的だ

2019年旧市街本通りのクリスマスマーケット
・ビスマルク広場(Bismarckplatz)
・アナトミー(解剖学)の庭(Anatomiegarten)
・大学広場 (Universitaetsplatz)
・マルクト広場(Marktplatz)
・カールス広場(Karlsplatz)
開催時期・上記のマーケットは2019年11月25日から12月22日まで
営業時間・日曜日から金曜日・11時から21時。土曜日11時から22時

・コルン広場(Kornmarkt)・メルヘンの森林をテーマとしたこのマーケットは2020年1月上旬まで開催。12月24日は休業

・アイススケートリンク(カールス広場)の営業時間
2019年11月25日から2020年1月上旬。12月24日は休業。12月25日と26日は12時から22時まで。12月31日は10時から2020年1月1日01時まで営業する

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/11/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索