世界遺産「アーヘンの大聖堂(アーヘン)」の詳細情報

ドイツの世界遺産・名所ガイド

Aachen Cathedral

アーヘンの大聖堂

名称:アーヘンの大聖堂(ドイツ
英語名称:Aachen Cathedral
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1978年

カロリング・ルネサンスを象徴する建物

ドイツ西部、ベルギーとオランダの国境に近接するアーヘンは、古代ローマ帝国の時代から温泉地として知られた街。8世紀末にはフランク王国のカール大帝が王宮を置き、カロリング朝の首都的存在となった。世界遺産である大聖堂は、この時代に造られた宮廷礼拝堂が起源。聖堂の頭上には17世紀に据えられたバロック式の円蓋が広がり、また15世紀初めに加わったゴシック様式の内陣も見事な壮麗な建築物。カロリング・ルネサンスの象徴ともいわれ、カロリング朝時代の青銅製の扉や柵が現存する唯一の建物でもある。アーヘンに生まれ、広く西ヨーロッパを統一した名帝カール。ヨーロッパの父と呼ばれた男はこの大聖堂に埋葬され、現在も眠っている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ドイツの世界遺産最新情報

2017/09/17 世界遺産

悲劇と戦った地区、シュタットアムホーフ

ドイツ旅行イメージ-シュタットアムホーフのメインストリートは、パステルカラーの可愛い通り シュタットアムホーフのメインストリートは、パステルカラーの可愛い通り

2006年に「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ」が世界遺産として登録されました。レーゲンスブルクの旧市街はドナウ川の南にあるのですが、その対岸(北)あるのがシュタットアムホーフです。ここは、1924年にレーゲンスブルクに統合されました。パステルカラーのかわいい街並み。歴史を紐解いて見ると、レーゲンスブルクが自由都市として、バイエルン州から独立した街であったのに対し、シュタットアムホーフは、バイエルン州の小さな街、つまり全く立場の異なる二つの街でした。川の両岸と言うことで、お互いを意識しあってきた関係にあるのですが、実は、見た目とは裏…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドイツの世界遺産「アーヘンの大聖堂」についてご紹介します。アーヘンの大聖堂の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。