page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ドイツの世界遺産・名所ガイド

Aachen Cathedral

アーヘンの大聖堂

名称:アーヘンの大聖堂(ドイツ
英語名称:Aachen Cathedral
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1978年

カロリング・ルネサンスを象徴する建物

ドイツ西部、ベルギーとオランダの国境に近接するアーヘンは、古代ローマ帝国の時代から温泉地として知られた街。8世紀末にはフランク王国のカール大帝が王宮を置き、カロリング朝の首都的存在となった。世界遺産である大聖堂は、この時代に造られた宮廷礼拝堂が起源。聖堂の頭上には17世紀に据えられたバロック式の円蓋が広がり、また15世紀初めに加わったゴシック様式の内陣も見事な壮麗な建築物。カロリング・ルネサンスの象徴ともいわれ、カロリング朝時代の青銅製の扉や柵が現存する唯一の建物でもある。アーヘンに生まれ、広く西ヨーロッパを統一した名帝カール。ヨーロッパの父と呼ばれた男はこの大聖堂に埋葬され、現在も眠っている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ドイツの世界遺産最新情報

2019/01/04 世界遺産

世界遺産リューベックのお薦め観光スポット

ドイツ旅行イメージ-重さによる地盤沈下で少し傾いているホルステン門。右の派風屋根が連なる建物は塩の倉庫。 重さによる地盤沈下で少し傾いているホルステン門。右の派風屋根が連なる建物は塩の倉庫。

ドイツ中部から電車で北上してくると、車窓から眺める遠くの町に、レンガの赤い家が多くなってくる。北ドイツには大きな山が無く、建材となる石や木材が不足がちだったので古くから土を焼いてレンガを造っていた。このレンガ造りの町並みが北ドイツの大きな特徴になっている。北ドイツを代表する観光都市リューベックは、立派なレンガの建物が並ぶ美しい町として知られている。中央駅から真っ直ぐ旧市街へ向かって歩いて行くと、リューベックの象徴でもある大きなホルステン門が見えてくる。かつての市門で、これが門なのか?と、その威風堂々とした姿に驚くばかり。15世紀末にデンマークに対する軍事圧力として建設され、当時は見張り兵が住ん…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドイツの世界遺産「アーヘンの大聖堂」についてご紹介します。アーヘンの大聖堂の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。