世界遺産「シュパイアの大聖堂(シュパイア)」の詳細情報

ドイツの世界遺産・名所ガイド

Speyer Cathedral

シュパイアの大聖堂

名称:シュパイアの大聖堂(ドイツ
英語名称:Speyer Cathedral
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1981年

ドイツ・ロマネスク様式建築の先駆けとなる建物

世界で最も美しいともいわれるクリプト(地下室)を持つシュパイアの大聖堂は、ドイツ・ロマネスク様式の先駆けとなった建築物である。神聖ローマ皇帝のコンラート2世が、ドイツ南西部のライン川沿いに1030年に着工させ、1106年に完成した。クリプトには、コンラート2世を含む4人の神聖ローマ皇帝と3人の皇后、4人の国王、5人の司教が眠っている。聖堂の身廊にあり、石造りの交差リブ・ヴォールトに覆われた円天井からは、当時の技術の高さがうかがえる。また、色違いの建材を配した横縞の演出が印象的な大聖堂内部は、プロテスタント誕生のきっかけとなった、シュパイア帝国議会が開かれた場所としても有名だ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ドイツの世界遺産最新情報

2014/07/01 世界遺産

アザラシの保護施設がある北海沿岸の町ノルデン

ドイツ旅行イメージ-北海でのんびり甲羅干しをするアザラシたち 北海でのんびり甲羅干しをするアザラシたち

 北ドイツのニーダーザクセン州はハノーファーを州都に、ツェレ、リューネブルク、ゴスラーなどの観光名所が点在している。日本では「メルヘン街道」や「古き塩の道」など、有名な観光街道があることでも知られている。ところが北西部の東フリースラントはあまり知られていない。北海に面した北ドイツはフリースラント地方と呼ばれ、そのうちニーダーザクセン州は東フリースラント、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州は北フリースラントと呼ばれている。この2つの州にまたがる北海沿岸には干潟が広がり、ワッデン海(Wattenmeer干潟の海)として世界自然遺産に登録されている。この干潟はアザラシの生息地。潮が引いて海の中に砂地が…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドイツの世界遺産「シュパイアの大聖堂」についてご紹介します。シュパイアの大聖堂の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。