世界遺産「ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミヒャエル聖堂(ヒルデスハイム)」の詳細情報

ドイツの世界遺産・名所ガイド

St Mary’s Cathedral and St Michael’s Church at Hildesheim

ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミヒャエル聖堂

名称:ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミヒャエル聖堂(ドイツ
英語名称:St Mary’s Cathedral and St Michael’s Church at Hildesheim
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1985・2008年

司教となったベルンヴァルト設計の大聖堂

ヒルデスハイムは、ハノーバー南東にある歴史の古い地域で、993年、司教に任命されたベルンヴァルトにより学術文化の町として発展した。彼は、ベネディクト派の聖堂として1010年から聖ミヒャエル聖堂を建設。これは初期ロマネスク建築様式の代表作であり、13世紀の貴重な巨大絵画が保存されている。身廊の天井画「エッサイの樹」は最も重要な見所で、イエス・キリストの系統樹が1300枚の木板に表されている。また彼は9世紀に建てられた聖マリア大聖堂の改築にも着手。いずれの聖堂も、建物全体の設計は幾何学的な概念に基づき、2つの後陣を伴う対称形となっており、古ザクセン時代のオットー朝ロマネスク様式の特徴をもつ。特に聖マリア大聖堂は、11〜12世紀頃の工芸品が数多く残されており、また独自の鋳造法による青銅製の扉や円柱は有名である。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ドイツの世界遺産最新情報

2016/12/30 世界遺産

世界遺産都市レーゲンスブルクの秘密

ドイツ旅行イメージ-旧市庁舎の塔から見下ろした、レーゲンスブルクの風景。 旧市庁舎の塔から見下ろした、レーゲンスブルクの風景。

バイエルン州、ミュンヘンとニュルンベルクの間に位置するのが、中世の街並みが残る街、レーゲンスブルク。実はこのレーゲンスブルク、1950年代は、バイエルン州でも一番貧しい街の一つだった。旧市街内にある13〜15世紀を中心に造られた富豪商人達の家は、財政難から、いつ床が抜け落ちるかわからない程の状態だった。町のイメージは灰色。そんな町が、1955年の火災をきっかけに、財政援助のための制度を70年代に整え、改築に力を注いだことにより、20世紀の終わりに、今のような良い状態になっていったのだ。そして、世界遺産都市に立候補を意識して7年目、審議委員の全員の賛成を受け、2006年、世界遺産都市…続きを見る



「ヒルデスハイム」を含むツアー一覧


最安料金万円


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドイツの世界遺産「ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミヒャエル聖堂」についてご紹介します。ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミヒャエル聖堂の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。