page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ドイツの世界遺産・名所ガイド

Abbey and Altenmunster of Lorsch

ロルシュの修道院遺跡

名称:ロルシュの修道院遺跡(ドイツ
英語名称:Abbey and Altenmunster of Lorsch
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1991年

カール大帝の庇護のもとで発展した修道院

フランクフルト郊外の住宅街に残るこの世界遺産は、764年に建造された修道院の遺跡である。9世紀にはカール大帝の庇護を受け、フランク王国で随一の修道院学校や図書室、写本処を併設、「知」の拠点とされた。度重なる焼失と再建により、当初の姿を留めているのは、楼門「王の門」のみ。内部にあるフレスコ画と共に、カロリング・ルネサンス文化の貴重な遺構とされている。また、カール大帝によって作られた、マタイ伝、マルコ伝、ルカ伝、ヨハネ伝からなる「ロルシュの福音書」を収蔵することでも知られるが、現物は16世紀後半のルターの宗教改革によって散逸してしまった。現在修道院にあるものは、2000年に復元されたレプリカである。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ドイツの世界遺産最新情報

2019/01/04 世界遺産

世界遺産リューベックのお薦め観光スポット

ドイツ旅行イメージ-重さによる地盤沈下で少し傾いているホルステン門。右の派風屋根が連なる建物は塩の倉庫。 重さによる地盤沈下で少し傾いているホルステン門。右の派風屋根が連なる建物は塩の倉庫。

ドイツ中部から電車で北上してくると、車窓から眺める遠くの町に、レンガの赤い家が多くなってくる。北ドイツには大きな山が無く、建材となる石や木材が不足がちだったので古くから土を焼いてレンガを造っていた。このレンガ造りの町並みが北ドイツの大きな特徴になっている。北ドイツを代表する観光都市リューベックは、立派なレンガの建物が並ぶ美しい町として知られている。中央駅から真っ直ぐ旧市街へ向かって歩いて行くと、リューベックの象徴でもある大きなホルステン門が見えてくる。かつての市門で、これが門なのか?と、その威風堂々とした姿に驚くばかり。15世紀末にデンマークに対する軍事圧力として建設され、当時は見張り兵が住ん…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドイツの世界遺産「ロルシュの修道院遺跡」についてご紹介します。ロルシュの修道院遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。