page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ドイツの世界遺産・名所ガイド

Abbey and Altenmunster of Lorsch

ロルシュの修道院遺跡

名称:ロルシュの修道院遺跡(ドイツ
英語名称:Abbey and Altenmunster of Lorsch
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1991年

カール大帝の庇護のもとで発展した修道院

フランクフルト郊外の住宅街に残るこの世界遺産は、764年に建造された修道院の遺跡である。9世紀にはカール大帝の庇護を受け、フランク王国で随一の修道院学校や図書室、写本処を併設、「知」の拠点とされた。度重なる焼失と再建により、当初の姿を留めているのは、楼門「王の門」のみ。内部にあるフレスコ画と共に、カロリング・ルネサンス文化の貴重な遺構とされている。また、カール大帝によって作られた、マタイ伝、マルコ伝、ルカ伝、ヨハネ伝からなる「ロルシュの福音書」を収蔵することでも知られるが、現物は16世紀後半のルターの宗教改革によって散逸してしまった。現在修道院にあるものは、2000年に復元されたレプリカである。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ドイツの世界遺産最新情報

2018/06/26 世界遺産

ローマ帝国の古代国境線リーメス・ザールブルク城砦で2000年前の歴史を体感

ドイツ旅行イメージ-ザールブルク城砦正門にて ザールブルク城砦正門にて

ライン川沿線の街コブレンス周辺からドナウ河畔にある南部の古都レーゲンスブルク沿いまでの全長550キロメートルにわたるローマ時代の国境線「リーメス街道」。リーメスとは、ゲルマン民族や外敵の攻撃に対し、ライン川やマイン川周辺の肥沃な土地を有するローマ帝国を守るための国境防御施設で、要塞や防御柵、監視塔などを備えた城塞である。ラインラント・プファルツ州、ヘッセン州、バーデン・ヴュルテンベルク州、バイエルン州と4州にまたがるこの街道は、魅力的な都市や絵本に出てくるような美しい村、歴史上大変興味深い場所が延々と続く観光名所の宝庫だ。リーメス街道は中央ヨーロッパで最長、そして考古学遺跡として最も印象的な建…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドイツの世界遺産「ロルシュの修道院遺跡」についてご紹介します。ロルシュの修道院遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。