page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ドイツの世界遺産・名所ガイド

Mines of Rammelsberg and Historic Town of Goslar

ランメルスベルク鉱山とゴスラーの歴史地区、ハルツ山地上部の水利システム

名称:ランメルスベルク鉱山とゴスラーの歴史地区、ハルツ山地上部の水利システム(ドイツ
英語名称:Mines of Rammelsberg and Historic Town of Goslar
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1992,2010範囲拡大,2008範囲変更年

1,000年間も銀を生みつづけた鉱山の街

ドイツ北西部のハルツ山麓にあるゴスラー南東のランメルスベルク鉱山は10世紀後半に開発され、約1000年間操業した。11世紀初頭、のちの神聖ローマ皇帝ハインリヒ2世がペニヒ貨幣を鋳造。鉱山近くに建設した宮殿で帝国集会を開いた。15世紀末に建てられたマルクト広場の会館カイザーヴォルトは当時の繁栄を示す。中心部の歴史的地区は、中世の町並みが残され、鉱山跡地は博物館として公開されている。鉱山の水脈確保のため作られたハルツ山地上部の水利システムは、16世紀半ばにシトー会修道士が基礎をつくり、800年間、非鉄金属精製の鉱石を発掘した。小運河やトンネル、排水溝など一貫したシステムを構成し、鉱業、冶金過程での水力発電と製鉄技術の発展に寄与した。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ドイツの世界遺産最新情報

2019/06/17 世界遺産

ポツダムには知られざる世界遺産がまだまだある

ドイツ旅行イメージ-小山の上に突然現れる立派なベルヴェデーレ・プフィンクストベルク城 小山の上に突然現れる立派なベルヴェデーレ・プフィンクストベルク城

ポツダムの観光と言えばサンスーシ宮殿や、ポツダム宣言が行われたツェツィーリエンホーフ宮殿あたりではないだろうか。ベルリンよりも古いブランデンブルク門や赤レンガの家並が続くオランダ地区も最近は有名になってきた。ところがポツダムには意外と知られていない見所が色々ある。今回はメジャーな観光名所は外し、敢えて穴場のスポットを紹介しよう。まずはポツダム旧市街の北にあるプフィンクストベルクへ上ってみよう。ベルク(山)といっても76mの丘で、ちょっとしたハイキング。そこにプロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム四世が建てたベルヴェデーレ・プフィンクストベルク城がある。建築家カール・フリードリヒ・シンケルを起…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドイツの世界遺産「ランメルスベルク鉱山とゴスラーの歴史地区、ハルツ山地上部の水利システム」についてご紹介します。ランメルスベルク鉱山とゴスラーの歴史地区、ハルツ山地上部の水利システムの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。