世界遺産「ランメルスベルク鉱山とゴスラーの歴史地区、ハルツ山地上部の水利システム(ランメルスベルク鉱山)」の詳細情報

ドイツの世界遺産・名所ガイド

Mines of Rammelsberg and Historic Town of Goslar

ランメルスベルク鉱山とゴスラーの歴史地区、ハルツ山地上部の水利システム

名称:ランメルスベルク鉱山とゴスラーの歴史地区、ハルツ山地上部の水利システム(ドイツ
英語名称:Mines of Rammelsberg and Historic Town of Goslar
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1992・2008・2010年

銀鉱山によって栄えたハンザ同盟都市の町並み

ドイツ北西部のハルツ山麓にあるゴスラー南東のランメルスベルク鉱山は10世紀後半に開発され、約1000年間操業した。11世紀初頭、のちの神聖ローマ皇帝ハインリヒ2世がペニヒ貨幣を鋳造。鉱山近くに建設した宮殿で帝国集会を開いた。15世紀末に建てられたマルクト広場の会館カイザーヴォルトは当時の繁栄を示す。中心部の歴史的地区は、中世の町並みが残され、鉱山跡地は博物館として公開されている。鉱山の水脈確保のため作られたハルツ山地上部の水利システムは、16世紀半ばにシトー会修道士が基礎をつくり、800年間、非鉄金属精製の鉱石を発掘した。小運河やトンネル、排水溝など一貫したシステムを構成し、鉱業、冶金過程での水力発電と製鉄技術の発展に寄与した。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ドイツの世界遺産最新情報

2014/07/01 世界遺産

アザラシの保護施設がある北海沿岸の町ノルデン

ドイツ旅行イメージ-北海でのんびり甲羅干しをするアザラシたち 北海でのんびり甲羅干しをするアザラシたち

 北ドイツのニーダーザクセン州はハノーファーを州都に、ツェレ、リューネブルク、ゴスラーなどの観光名所が点在している。日本では「メルヘン街道」や「古き塩の道」など、有名な観光街道があることでも知られている。ところが北西部の東フリースラントはあまり知られていない。北海に面した北ドイツはフリースラント地方と呼ばれ、そのうちニーダーザクセン州は東フリースラント、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州は北フリースラントと呼ばれている。この2つの州にまたがる北海沿岸には干潟が広がり、ワッデン海(Wattenmeer干潟の海)として世界自然遺産に登録されている。この干潟はアザラシの生息地。潮が引いて海の中に砂地が…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドイツの世界遺産「ランメルスベルク鉱山とゴスラーの歴史地区、ハルツ山地上部の水利システム」についてご紹介します。ランメルスベルク鉱山とゴスラーの歴史地区、ハルツ山地上部の水利システムの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。