世界遺産「バンベルクの旧市街(バンベルク)」の詳細情報

ドイツの世界遺産・名所ガイド

Town of Bamberg

バンベルクの旧市街

名称:バンベルクの旧市街(ドイツ
英語名称:Town of Bamberg
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1993年

宗教都市の名残をとどめる中世バロック建築の街

「ローマに匹敵するキリスト教の一大拠点に」。東フランク王ハインリヒ2世が宗教都市を目指したバンベルクには、1007年の司教座創設以降、聖堂や修道院が建造された。また17世紀後半にバロック様式で統一された旧市街には、歴史的建造物が立ち並ぶ。4基の尖塔を持つ三廊式の大聖堂は、11世紀の創建後、2度の焼失を経て13世紀に再建された街の象徴である。ロマネスク様式からゴシック様式への過渡期の様子を留め、内部には騎士の理想像を等身大で表現した「バンベルクの騎士像」が置かれている。大聖堂から見える川の中州には、漁師が住んだ小ヴェネツィア地区や農業が営まれた園芸地区の一角が残され、当時の人々の日常をうかがわせる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ドイツの世界遺産最新情報

2014/07/01 世界遺産

アザラシの保護施設がある北海沿岸の町ノルデン

ドイツ旅行イメージ-北海でのんびり甲羅干しをするアザラシたち 北海でのんびり甲羅干しをするアザラシたち

 北ドイツのニーダーザクセン州はハノーファーを州都に、ツェレ、リューネブルク、ゴスラーなどの観光名所が点在している。日本では「メルヘン街道」や「古き塩の道」など、有名な観光街道があることでも知られている。ところが北西部の東フリースラントはあまり知られていない。北海に面した北ドイツはフリースラント地方と呼ばれ、そのうちニーダーザクセン州は東フリースラント、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州は北フリースラントと呼ばれている。この2つの州にまたがる北海沿岸には干潟が広がり、ワッデン海(Wattenmeer干潟の海)として世界自然遺産に登録されている。この干潟はアザラシの生息地。潮が引いて海の中に砂地が…続きを見る



「バンベルク」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 22.99万円
旅行代金: 22.99万円
燃油:旅行代金に含まれています
8日間
羽田発

ドイツ ツアー

添乗員がご案内する (羽田発)ノイシュバンシュタイン城とロマンチック街道の街々 ドイツたっぷり世界遺産めぐり

ホテル:パノニア アム マインウファー(ヴュルツ…
航空会社:ANA 指定

日程表を見る

...分/96km) ≪世界遺産≫バンベルク散策 バンベルクでは、旧市街にて自由......(約1時間) <12/14発限定!>バンベルクのクリスマスマーケット開催中 ...

旅行会社/ブランド:ルックJTB


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドイツの世界遺産「バンベルクの旧市街」についてご紹介します。バンベルクの旧市街の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。