page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ドイツの世界遺産・名所ガイド

Town of Bamberg

バンベルクの旧市街

名称:バンベルクの旧市街(ドイツ
英語名称:Town of Bamberg
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1993年

宗教都市の名残をとどめる中世バロック建築の街

「ローマに匹敵するキリスト教の一大拠点に」。東フランク王ハインリヒ2世が宗教都市を目指したバンベルクには、1007年の司教座創設以降、聖堂や修道院が建造された。また17世紀後半にバロック様式で統一された旧市街には、歴史的建造物が立ち並ぶ。4基の尖塔を持つ三廊式の大聖堂は、11世紀の創建後、2度の焼失を経て13世紀に再建された街の象徴である。ロマネスク様式からゴシック様式への過渡期の様子を留め、内部には騎士の理想像を等身大で表現した「バンベルクの騎士像」が置かれている。大聖堂から見える川の中州には、漁師が住んだ小ヴェネツィア地区や農業が営まれた園芸地区の一角が残され、当時の人々の日常をうかがわせる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ドイツの世界遺産最新情報

2018/01/26 世界遺産

ドイツ最古の石橋は今

ドイツ旅行イメージ-橋の中央あたりにあった小僧の像は、実は2012年の大晦日に腕を失いました。川の中に落ちているのでは、とダイバーが2時間もぐって探したけれども見つからなかったのだそうです。新しい腕が取り戻して、またこの位置に戻ってくる予定。 橋の中央あたりにあった小僧の像は、実は2012年の大晦日に腕を失いました。川の中に落ちているのでは、とダイバーが2時間もぐって探したけれども見つからなかったのだそうです。新しい腕が取り戻して、またこの位置に戻ってくる予定。

12世紀に造られたこの石橋は、ドイツ最古の石橋です。しかも600年以上の間に渡って、ドナウにかかる唯一の固定された橋でありました。川の水位が極端に下がった1135年に着工し、11年間をかけて造られたものが今でも残っているのです。馬車の時代が終わると、自家用車が走るようになり、自家用車が一般化してくると、公共の交通機関だけ、つまりバスがひっきりなしに走るようになりました。すると、さすがにこの石橋に負担がかかってきました。特に冬、凍結防止のために撒かれた塩が、石灰岩に大きな打撃を与え、大掛かりな修復を余儀無くしました。2006年に世界遺産となり、ユネスコの資金協…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドイツの世界遺産「バンベルクの旧市街」についてご紹介します。バンベルクの旧市街の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。