世界遺産「マウルブロンの修道院(マウルブロン)」の詳細情報

ドイツの世界遺産・名所ガイド

Maulbronn Monastery Complex

マウルブロンの修道院

名称:マウルブロンの修道院(ドイツ
英語名称:Maulbronn Monastery Complex
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1993年

ヘルマン・ヘッセを輩出した神学校

南ドイツのシュツットガルト北西にあるバーデン=ヴュルテンベルク州に残る中世の修道院。1147年に建設されたこのシトー会修道院はマウルブロンの町外れにあるが、城壁で隔絶され厳格な戒律をもつ。敷地内に並ぶ建築物は宗教改革後も解体されず、1556年に開校したプロテスタント神学校の表情を伝える。建造物群は保存状態がよく、三廊式の聖堂や柱廊玄関ホールなどは、ロマネスク様式からゴシック様式に移行する建築様式の変遷が明確である。円形水盤が三層に重なる噴水、「泉の礼拝堂」があり、上下水道設備は高い水準を持つ。診療所、宿泊所、食堂など時代とともに施設が増え、周壁も建造された。製粉所、パン工場や穀物倉庫の跡からは、禁欲・自給自足を理想としたシトー会修道士たちの暮らしぶりが伝わってくる。文豪ヘッセやロマン派詩人ヘルダーリンなどがここで学んだ。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ドイツの世界遺産最新情報

2014/07/01 世界遺産

アザラシの保護施設がある北海沿岸の町ノルデン

ドイツ旅行イメージ-北海でのんびり甲羅干しをするアザラシたち 北海でのんびり甲羅干しをするアザラシたち

 北ドイツのニーダーザクセン州はハノーファーを州都に、ツェレ、リューネブルク、ゴスラーなどの観光名所が点在している。日本では「メルヘン街道」や「古き塩の道」など、有名な観光街道があることでも知られている。ところが北西部の東フリースラントはあまり知られていない。北海に面した北ドイツはフリースラント地方と呼ばれ、そのうちニーダーザクセン州は東フリースラント、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州は北フリースラントと呼ばれている。この2つの州にまたがる北海沿岸には干潟が広がり、ワッデン海(Wattenmeer干潟の海)として世界自然遺産に登録されている。この干潟はアザラシの生息地。潮が引いて海の中に砂地が…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドイツの世界遺産「マウルブロンの修道院」についてご紹介します。マウルブロンの修道院の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。