page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ドイツの世界遺産・名所ガイド

Museumsinsel (Museum Island) Berlin

ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)

名称:ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)(ドイツ
英語名称:Museumsinsel (Museum Island) Berlin
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1999年

シュプレー川の中洲に立ち並ぶ博物館群

ベルリン市街を流れるシュプレー川の中洲に、5つの博物館、美術館が集まっている複合博物館地区で、「博物館島」と呼ばれる。19世紀初め、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム三世のもと、この中州を整備し、博物館の建設などを進めた。まず1830年に旧博物館が建造され、その後ヴィルヘルム4世が一帯を「芸術と科学の聖域」と定めて複数の博物館建設を計画。これ以後、1859年に新博物館、1876年にナショナルギャラリー、1904年にボーデ博物館、そして1930年にペルガモン博物館が造られた。第二次世界大戦では空爆を受けるが、ベルリンの壁が崩壊した1989年に大規模な修復と再編成が始まり、大規模な芸術の島となっている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ドイツの世界遺産最新情報

2018/06/26 世界遺産

ローマ帝国の古代国境線リーメス・ザールブルク城砦で2000年前の歴史を体感

ドイツ旅行イメージ-ザールブルク城砦正門にて ザールブルク城砦正門にて

ライン川沿線の街コブレンス周辺からドナウ河畔にある南部の古都レーゲンスブルク沿いまでの全長550キロメートルにわたるローマ時代の国境線「リーメス街道」。リーメスとは、ゲルマン民族や外敵の攻撃に対し、ライン川やマイン川周辺の肥沃な土地を有するローマ帝国を守るための国境防御施設で、要塞や防御柵、監視塔などを備えた城塞である。ラインラント・プファルツ州、ヘッセン州、バーデン・ヴュルテンベルク州、バイエルン州と4州にまたがるこの街道は、魅力的な都市や絵本に出てくるような美しい村、歴史上大変興味深い場所が延々と続く観光名所の宝庫だ。リーメス街道は中央ヨーロッパで最長、そして考古学遺跡として最も印象的な建…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ドイツの世界遺産「ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)」についてご紹介します。ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。