ライプチヒ旅行・ライプチヒ観光徹底ガイド

ライプチヒ旅行・ライプチヒ観光徹底ガイド


ライプチヒ旅行・観光の見どころ・観光情報

ライプチヒはドイツ東部ザクセン州に位置する町。バッハやメンデルスゾーン、ワーグナーなどとゆかりのある「音楽の都」だ。バッハが1723年から亡くなる1750年までの間、合唱団指揮者を務めた聖トーマス教会、そのすぐ近くにはバッハ博物館があり、自筆の楽譜をはじめとする貴重な資料が観られる。他にもベートーヴェンが交響曲第9番の合唱を作曲するきっかけになった、フリードリヒ・シラーの『歓喜の歌』の詩を書いた家など、クラシック音楽好きにとってはたまらない必見スポットが多い。大きな町だが、観光名所は旧市街の中に集まっており、徒歩で観光ができる。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


ライプチヒ旅行・観光でぜひ訪れたい観光スポット


ライプチヒの旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
ドイツ語 EUR 約12.5時間 約-8時間

ライプチヒ旅行・観光の選び方

旧東ドイツの見どころを回る周遊型のツアーが主流、見どころも多いのでゆっくり滞在したい

ライプチヒを訪れるツアーは、ツアー期間6〜13日間と幅広くある。ドレスデンベルリンなど旧東ドイツの都市に滞在するものや、フランクフルトやミュンヘンなどゲーテ街道の都市を周遊するものが人気だ。ライプチヒではバッハゆかりの観光スポット巡りのほか、金曜、土曜には聖トーマス教会でかつてバッハが教えたトーマス少年少女合唱団の合唱を聴く事ができる。食事なら、学生時代のゲーテが通い『ファウスト』の中にも登場するレストラン、「アウアーバッハス・ケラー」を訪れてみよう。買い物ならグリンマ通りやペーター通り界隈がおすすめ。(2016年9月編集部調べ)


ライプチヒ観光のこだわりポイント

有名なレストランやカフェ伝統料理・名物料理
『ファウスト』で有名になったアウアーバッハス・ケラー、文人や音楽家が通ったカフェ・バウムを訪れたい。
立派な劇場やホールが音楽
ゲヴァントハウス管弦楽団の専用コンサートホールの他に美しい歌劇場もある。
垢抜けたパサージュでショッピングフリープラン
建物の中庭を抜けるショッピング通りが近年改築されモダンなパサージュに変身。パサージュには素敵な店舗がたくさん入っている。

現地ガイド発!ライプチヒの観光最新情報

2016/10/10 観光地・名所

ドイツ屈指の音楽の都、ライプツィヒのおすすめ観光スポット4選

ライプチヒ旅行イメージ-トーマス教会の脇に立っているバッハの銅像 トーマス教会の脇に立っているバッハの銅像

ドイツ東部ザクセン州で最大の人口を持つ都市ライプツィヒ。中世以降交易の都市として発展し、18世紀にはドイツ有数の商業都市に成長したライプツィヒは、その経済的繁栄を背景に18世紀以降は「音楽の都」として知られていくようになります。後期のバッハやメンデルスゾーンが活躍し、シューマンが学生時代を過ごし、ワーグナーが生まれ育ち、世界最古の民間オーケストラを擁している、クラシック音楽愛好家にとっての「聖地」のような町です。今回はライプツィヒがどんな音楽の歴史を辿ったかを概観しつつ、観光におすすめのスポットをご紹介したいと思います。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ライプチヒ旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、ライプチヒ観光情報が満載。
ライプチヒ旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。