page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ライプチヒ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ゲーテ『ファウスト』に登場する酒場で 贅沢な酔いに浸る旅


掲載日:2008/06/24 テーマ:歴史 行き先: ドイツ / ライプチヒ

タグ: おいしい レストラン


珍しい若きゲーテ像

ナッシュマルクト広場に立つ若きゲーテの銅像 ナッシュマルクト広場に立つ若きゲーテの銅像

ライプチヒの中心部、旧市庁舎の裏手に小さいが美しい広場ナッシュマルクトがある。突き当りは旧証券取引所。17世紀後半にバロック様式で建てられた瀟洒な館で、現在は会議やコンサートなどに使われている。この広場の中央に立っているのは文豪ゲーテ。フランクフルトの裕福な家庭に育ったゲーテは、16歳の時、法律を学ぶためにライプチヒへやってきた。宮中顧問官だった父もライプチヒ大学で学んだため、父の意向に沿ってこの町を選んだ。厳格な父から初めて離れ、ゲーテは自由を満喫した。そんなゲーテを偲んで、この広場には銅像が立てられた。ゲーテの像は色々な町で目にするが、どれも貫禄ある堂々たるもの。若いゲーテの銅像は珍しく、初々しい姿で立っている。

ファウストに登場したワイン酒場

アウアーバッハス・ケラー入口に立つファウストとメフィストフェレスの銅像 アウアーバッハス・ケラー入口に立つファウストとメフィストフェレスの銅像

ライプチヒ時代のゲーテはかなり放蕩生活を送っていたようで、やがて健康を損ねて帰郷することになる。彼が頻繁に通っていた酒場アウアーバッハス・ケラー(Auerbachs Keller)は、銅像がある広場向かいのメードラー・パサージュ地下にある。その酒場で聞いた古い言い伝えにゲーテは興味を持った。ドイツに古くから伝わるファウスト博士にまつわるもので、1525年にファウスト博士がこの地下酒場から悪魔の力を借り、大きなワイン樽に跨って表の通りへ出て行った、という話だった。この話に強い印象を受けたゲーテは、後の代表作『ファウスト』の悲劇第一部、最初の方の場面に“ライプチヒのアウアーバッハス・ケラー”を登場させた。

歴史的な部屋が残るレストランへ

ローラーデンという牛肉巻き料理は口の中でとろけるように柔らかい ローラーデンという牛肉巻き料理は口の中でとろけるように柔らかい

そのアウアーバッハス・ケラーは今も存在する。現在は観光客で賑わうワインレストランだ。ナッシュマルクトからメードラー・パサージュに入ったすぐ左側に地下へ下りる階段があり、その奥にある。階段脇にはファウスト博士とメフィストフェレスの銅像があるのですぐ判る。ワイン酒場として既に1438年に創業を始めたというから恐ろしく古い。店の名前は創業者の出身地であるバイエルン地方のアウアーバッハに由来している。ゲーテが『ファウスト』の中で、主人公がメフィストフェレスに連れられてやってくる酒場として登場させて以来、世界で知られるようになった。アメリカではミュンヘンのホーフブロイハウスと同じくらい有名だそうだ。

歴史を感じる場所でのワインは最高の味

ファウストに出てくる歴史的ワイン酒場。劇の舞台のようだ ファウストに出てくる歴史的ワイン酒場。劇の舞台のようだ

入っていくと広い地下レストランGrosser Keller(グローサー・ケラー)になっている。『ファウスト』に出てくる「歴史的ワイン酒場Historischer Fasskeller(ヒストリッシャー・ファスケラー)」は18時からの営業で、しかもグループ貸切の日が多く、なかなか見ることができない。昼間に、無理を言ってちょっとだけ覗かせてもらった。ゲーテが通っていた時代と同じ雰囲気を伝えているとのことで、ワイン樽が置かれ、天井からはメルヘン的な彫像が吊下がっている。ここでは趣向を凝らしたセレモニーも行われているとのこと。この部屋に入れなくとも、昼間から開いているグローサー・ケラーに行ってみよう。ローラーデンという牛肉巻き料理は絶品。国を代表する文豪が惹きつけられた空間で、ワインに酔う贅沢な時間を過ごそう。

【関連情報】

■ Auerbachs Keller アウアーバッハス・ケラー
Grimmaische Strasse2-4
04109 Leipzig
電話:+49 (0)341 - 21610-0
営業時間:Grosser Keller毎日11:30〜24:00、Historischer Fasskeller 月〜土18:00〜24:00

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索