page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・マンハイム・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

女性が病みつきになる靴の街ハウヱンシュタイン 博物館見学とアウトレットでショッピング


掲載日:2020/03/21 テーマ:美術館・博物館 行き先: ドイツ / マンハイム

タグ: おもしろい お得 一度は行きたい 穴場 節約 博物館


緑豊かな靴の街ハウヱンシュタイン

最初に博物館を見学をしてからショッピングをしたい 最初に博物館を見学をしてからショッピングをしたい

プファルツの森の南部に位置するハウヱンシュタインは、人口4000人程の小さな村。そんなのどかな村に、ゾクゾクと出かける客が絶えない理由は、知る人ぞ知る靴のメッカだからです。

ハウヱンシュタインで靴の製造が始まったのは19世紀後半から。当時、この周辺には50軒以上の靴工場があり、靴の製造は基幹産業として繁栄していきました。こういった背景から、住民の靴への思い入れは並大抵ではありません。

その名残りをとどめるのが国内最大の展示を誇るハウヱンシュタイン靴博物館です。さらに村の中心部にはなんと100万足にも上る靴を販売する店が軒を連ねており、いつ行っても大賑わいです。

またハウヱンシュタインは、新鮮な空気と何百キロにも及ぶハイキング道のある療養地としても親しまれています。

まずは靴博物館の見学から

1900年頃に使われていた靴製造機・博物館内にて 1900年頃に使われていた靴製造機・博物館内にて

ハウヱンシュタイン靴博物館は、構想から10年ほど経て、1996年に開館しました。2019年はワイマールで誕生したバウハウス芸術学校創始から100周年を迎えましたが、靴博物館はこのバウハウス様式を用いたシンプルな建物です。

博物館内では、18世紀から近代にいたるまでの靴の歴史、そして製造過程や工具の説明、さらに著名人の靴など盛りだくさんの展示があります。靴工場で収入を得ることができ、生活環境もぐっと改善した、そんな地元の人たちの生活を物語る住まいや、かつての靴工場を再現した展示は見ごたえたっぷり。機械は当時のオリジナルを展示しており、実演を見学できることもあります。安価な靴が通販で簡単に入手できることは考えられなかった時代の靴づくりをふり返ってみる良い機会です。

著名人の靴も展示

元ドイツ代表サッカー選手バスティアン・シュヴァインシュタイガーの靴 元ドイツ代表サッカー選手バスティアン・シュヴァインシュタイガーの靴

3階(日本式の4階)建ての靴博物館は、各階年代別に展示されています。1階展示品は靴の始まり1740年から1918年まで、2階は1945年以降、3階は1918年から1945年まで、そして4階には靴収集家エルンスト・ティルマン寄贈の靴3500足が展示されています。また靴博物館の一角に設置されたスポーツ博物館ではスポーツ器具やオリンピックで活躍した選手の履いた靴など18世紀から現在に至るまでのありとあらゆるスポーツ関連の展示品が500点ほど見学できます。

各所に展示されている著名人の履いた靴も見逃せません。独旧首相ヘルムート・コールや元男子サッカー選手バスティアン・シュヴァインシュタィガー、旧ドイツワイン女王そして現在は独連邦食料・農務大臣を務めるユリア、クレックナーやカトリック教皇の最高顧問などの履いた200足ほどの靴を目にすることができます。

1950年代から靴の直売開始

靴の直売店で掘り出しものを探す人でごった返す店内 靴の直売店で掘り出しものを探す人でごった返す店内

ハウヱンシュタインでは、1950年代から靴の直売が始まり、現在に引き継がれています。靴製造工場はもうありませんが、この街が靴のメッカとして今も注目を集めているのは、格安で品数も豊富な専門店でのショッピングです。店舗は平日だけでなく週末もオープンしているため、家族連れのリピーターが続々とやってきます。

ドイツといえば、ロマンチック街道やメルヘン街道など、観光街道が人気ですが、なんとハウヱンシュタインから南へ約100キロメートルの街ワルドフィッシュバッハ・ブルガルベンを結ぶ靴街道もあるほどです。

靴の街でのお楽しみ

どの店に入っても、お気に入りの靴が見つかるはず、市内靴専門店ガイドより どの店に入っても、お気に入りの靴が見つかるはず、市内靴専門店ガイドより

ハウヱンシュタインの中心に軒を連ねる約20店(2020年2月現在)の専門店で販売されている靴は、100万足以上に上ります。

スポーツシューズや登山、ウォ―キングシューズ、そしてハンドバックと品豊富に販売されており、しかも格安。例えば若者に人気のバッファローやティムバーランド、そしてビルケンシュトックやアディダスなど。ひとつだけ困るのは、目移りして何足も欲しくなってしまうことです。お気に入りの一足を旅の思い出に買ってみるのはいかがでしょうか。

インフォメーション

プファルツの森の木材は、靴製造に大きな恩恵をもたらした。靴博物館にて プファルツの森の木材は、靴製造に大きな恩恵をもたらした。靴博物館にて

Hauenstein schuhmuseum /ハウヱンシュタイン靴博物館
http://www.museum-hauenstein.de/schuh_museum/
Turnstrasse 5, 76846 Hauenstein 
入館料金・大人7.50ユーロ(音声ガイド込み)
開館時間・3月-11月 連日9時30分から17時まで
12月-2月 月から金13時から16時。土日10時から16時

Schuhmeile/ハウヱンシュタイン靴販売店https://www.schuhmeile.com/geschaefte/

注意・靴博物館は2020年11月から改装工事のため閉館となります。工事終了予定は2021年4月上旬ですが、事前にホームページで確認してください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/03/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索