page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ミュンヘン・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

大迫力の肉料理、その確かな味に大満足!バイエルン料理があなたを待っている


掲載日:2008/07/09 テーマ:歴史 行き先: ドイツ / ミュンヘン

タグ: おいしい グルメ レストラン 肉料理


マリーエン広場に面した最高の立地

豚肉にゼンメルクヌードルが添えられた典型的バイエルン料理 豚肉にゼンメルクヌードルが添えられた典型的バイエルン料理

どっかん!とお皿に横たわる肉を見て「一人分?」と必ず聞いてしまう大迫力「バイエルン料理」。ミュンヘンっ子たちはビールを飲みながら食事するので、お酒を飲まない人にとっては少々味が濃いかもしれない。しかしビール好きの旅行者にとって、バイエルン料理はたまらない魅力だ。ミュンヘンのど真ん中、新市庁舎が建つマリーエン広場の真横。市内で最も賑やかで人通りの多い場所だ。新市庁舎西側の通りはワイン通りWeinstrasseと呼ばれ、そのまま高級ショッピング街テアティーナ通りへと続いていく。ワイン通りにはかつてワインの市が立っていたので、そう呼ばれている。新市庁舎の脇、ほとんどマリーエン広場に面したワイン通りに、バイエルン郷土料理で有名なレストランがある。「ドニースル」という変わった名前のレストランだ。天気の良い夏場は、通りに張り出したテーブルで、太陽の光を浴びながら食事をとる人が多い。この店、元を正せば700年近い歴史があるという。

今のドニースルになるまでの長い歴史

外にもテーブルが置かれいつも賑わうドニースル 外にもテーブルが置かれいつも賑わうドニースル

中世のワイン通りには穀物測量所があった。この建物の中に1315年、小さなワイン居酒屋ができた。その店はそのままワイン居酒屋として何世紀も続く。丁度400年が経過した1715年のこと、当時の経営者だったマックス・リストという人がミュンヘンのビール店営業権を取得する。リストはそれまでのワイン居酒屋をビール居酒屋に変え、「古き衛兵所」という名前を付けた。1760年から1775年の間、店の経営はディオニュソス・ヘルトゥルという人に変わる。彼の心地良いもてなしによって店は大繁盛。人々は居酒屋主人の名前を酒の神様ディオニュソスと重ね合わせ、店のことを「ディオニュソス」と呼ぶようになった。このディオニュソスが訛ってドニースルになり、最終的に店の名前となる。

味はもちろん 雰囲気も深みのあるドニースル

吹き抜け構造で店内が明るい雰囲気に保たれている 吹き抜け構造で店内が明るい雰囲気に保たれている

「ドニースル」となってから200年以上が経過した。バイエルン郷土料理として、店の伝統はきちんと受け継がれ、「ドニースル」はミュンヘンの有名レストランになっている。フレッシュなビールは地下の樽から出してくる。天井がガラス張りの吹き抜け部分があるため、昼間は店の奥でも明るい。ガラス天井からはフラウエン教会の二つの塔が見えている。まだ緩やかに時が流れていた時代、男たちはドニースルにたむろしてカード遊びをしていた。カードをしながら世の中のことを語り合っていたのだろう。そんな時代を描いた絵が壁に掛けられている。

さて何を頼みましょうか?

今でも金曜の夜になると地元の人がカード遊びをしていることが 今でも金曜の夜になると地元の人がカード遊びをしていることが

お勧めはやはり肉料理。バイエルン料理の魅力は量がびっくりする程多いのに、食べていて飽きない味に仕上がっている所。豚料理はもちろん、牛肉のOchsenbraten(オクセンブラーテン)は女性にも食べやすい。肉に添えられているのはポテトサラダ又はKnoedel(クヌードル)。クヌードルは、じゃが芋又はパンを細かくして塩水で茹でた団子状のもの。じゃが芋の方がお腹に溜まるので、量が気になる人はSemmelknoedel(ゼンメルクヌードル)を選ぼう。この量を7ユーロ65セントで食べられるのだから、満足度は高い。体に優しくたくましく入りこむバイエルン料理で、観光に疲れた体を充電しよう。

【関連情報】

■ Donisl(ドニースル)
Weinstr. 1, 80333 Munchen(Altstadt-Lehel)
電話:(+49)89 22 01 84
営業時間:毎日9:00〜24:00(夕方6時からは生演奏あり)
www.bayerischer-donisl.de

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索