page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ミュンヘン・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

今年はオクトーバーフェストが煙に包まれる!850人の狩人の空砲 


掲載日:2008/09/12 テーマ:祭り・イベント 行き先: ドイツ / ミュンヘン

タグ: すごい! イベント


今年もまたオクトーバーフェストの季節がやってくる

バイエルンの守護聖人であるバヴァリアの像 バイエルンの守護聖人であるバヴァリアの像

毎年9月半ばから10月にかけて、ミュンヘンは大賑わい。世界中から600万人もの人がこの町にやってくる。ビール祭り「オクトーバーフェスト(10月祭)」が開催されるからだ。この祭りで消費されるビールは500万リットルといわれている。会場となるテレージエンヴィーゼンには、ミュンヘンを代表する14のビール醸造所の大テントが並び、その周りは架設の大遊園地場となる。食べ物や土産物の屋台で道は埋まり、遊園地もあることから大人も子供も共に楽しむことができる。2008年は9月20日から始まり、16日間飲めや遊べ、歌えや踊れと騒いだ後、10月5日に幕を閉じる。

あの大きな会場は何の場所?

会場となるテレージエンヴィーゼン。オクトーバーフェスト開催期間には人でいっぱいに 会場となるテレージエンヴィーゼン。オクトーバーフェスト開催期間には人でいっぱいに

オクトーバーフェストの会場はバイエルン皇太子ルードヴィヒとザクセン王女テレージアとの結婚(1818年10月12日)を祝って草競馬が行われた所。そこは後にテレージエン(テレージアの)ビーゼン(草原)と呼ばれるようになった。今日でも普段は草原のままである。西側の少し高くなっている所に大列柱が並ぶ偉人堂があり、中にはバイエルンの偉人たちの胸像が飾られている。偉人堂の前に1850年、バイエルンの守護聖人であるバヴァリア(ラテン語でバイエルンのこと)が建てられた。高さ15.8メートルもある大きな銅像で、台座も含めると30メートル近くになる。今年のオクトーバーフェスト最終日にはこの女神バヴァリアが、一瞬、煙に包まれる。

ミュンヘンの歳に合わせて850回の空砲が鳴り響く

今年の目玉、850回の空砲。これだけの空砲を聞くチャンスもなかなかない! 今年の目玉、850回の空砲。これだけの空砲を聞くチャンスもなかなかない!

ミュンヘンは今年850歳の誕生日を迎えた。それを祝って2008年は年間を通じて多くの催し物が開かれている。毎年恒例のオクトーバーフェストでは、最終日の10月5日、正午より女神バヴァリアの前で850人の射撃愛好家たちが空砲を鳴らす。春にデモンストレーションが行われた。テレージエンヴィーゼンに並んだ彼らは、最初の人から順に一人ずつ銃を高く掲げて空に向かって発砲する。約1秒間隔で順番に発砲していくと、たちまち空に煙があがる。その音は耳をつんざくように鳴り渡る。近くで見ている見物人たちの中には、用意周到に耳栓を持参して来た人もいる。途中で2〜3秒、間が空いたり不発に終わったりすることもあるが、そんなことはすべてご愛敬。

女神バヴァリアが煙に巻かれる日

日本人が想像するドイツ人の服?!これは典型的なバイエルンの民俗衣装だ 日本人が想像するドイツ人の服?!これは典型的なバイエルンの民俗衣装だ

射者の列は偉人堂へ向かう。バヴァリア像へ登る階段には一段ずつ人が立っている。階段を駆け上るように撃たれる空砲は、白い煙を出してバヴァリアも偉人堂もあっという間に煙の中。女神バヴァリアの台座の下で待っていた最終射者が打ち終わると、テレージエンヴィーゼから大きな拍手が沸き起こる。この日のために集まったのはバイエルン州各地からやって来た射撃愛好家たち。若い人もいれば、熟練者と思われる年配の人たちもいる。皆、革の半ズボンをはいて襟元に刺繍の施された上着を着ている。バイエルンの民族衣装である。850人もの射撃愛好家たちが一堂に会することは滅多いない。10月5日には息の合った空砲を、途切れることなく鳴らしたい、と燃えている。意外と知られていないこの日のイベント。しっかりチェックして是非参加しよう。

【関連情報】

■ Oktoberfest 10月祭(世界最大のビール祭り)
日時:2008年9月20日〜10月5日初日は正午から(毎年9月末から10月初めまで開催)
    平日10:00〜22:30 土日祝日9;00〜22:30(物を売っているスタンドは24:00くらいまで)
場所:テレージエンヴィーゼンTheresienwiese、地下鉄4番または5番に乗りTheresienwiese駅下車すぐ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索