page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ミュンヘン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

旬のアスパラを食べに行こう!お土産には珍しいアスパラ調理器具を


掲載日:2010/04/24 テーマ:グルメ 行き先: ドイツ / ミュンヘン

タグ: おいしい お土産 グルメ 街歩き 野菜


アスパラの季節がやってきた

ミュンヒェンの歩行者専用道路に立つアスパラガス専用の屋台 ミュンヒェンの歩行者専用道路に立つアスパラガス専用の屋台

ドイツ人のアスパラガス好きは有名である。4月から6月頃までは町の市場や屋台にアスパラガスが並ぶ。ドイツの家庭ではこの時期、どこでも必ず真っ白なアスパラガスが食卓を飾る。日本人がタケノコを食べないと春が来ない、と言うようなものである。アスパラガスはドイツ語でシュパーゲルSpargelという。グリーンアスパラではなく、ホワイトアスパラが主流。値段はまちまちだが、大体1Kgで10ユーロほど。この時期に産地を歩くと、取れたてのアスパラガスが道端で安く売られている。

アスパラは立てて茹でるべし!

キッチンウェアーの店に並ぶアスパラガス専用の鍋 キッチンウェアーの店に並ぶアスパラガス専用の鍋

ドイツではアスパラガス専用の茹で鍋が売られている。大きな深い鍋である。アスパラガスとは、立てて茹でるものだからである。大きな鍋に湯を沸かして煮立ったら適当に放り込むのではなく、最初からきちんと並べて立てて茹でる。こうすることによって荷崩れを防ぐことができる。一度に引き上げるために中網が付いている。茹むらが起こらないためである。もちろんこの鍋、他の野菜を茹でるときにも便利だし、中網を使わず普通の深鍋として使うこともできる。上等なステンレス製なので40ユーロほど、と少々高め。

アスパラ専用の皮剥き器

アスパラガス皮剥き器具 アスパラガス皮剥き器具

アスパラガスの皮を剥く器具もある。アスパラガスは皮を剥くものなのか、と驚いたがホワイトアスパラの皮は堅いらしい。この器具を使えばシュパッ、シュパッと簡単に皮が剥けるそうだ。包丁で剥くと分厚く剥けてしまうのでもったいないとのこと。八百屋によってはその場で皮を剥いてくれる店もある。皮を剥いた状態で長く放置すると味が落ちるので殆ど皮付きで売られている。このアスパラガス皮剥き器具も何かに使えそう。ゴボウなどを剥くのに便利かもしれない。1本5ユーロ程度なので町で見かけたらひとつ買ってみるのもよいであろう。

種類豊富なアスパラグッズ

凹凸のあるアスパラガス挟み 凹凸のあるアスパラガス挟み

茹であがったアスパラガスを掴む専用の器具もある。窪んだ所へアスパラガスが嵌まるように掴み、傷つけないように皿へ盛る。確かにフォークでは傷つけてしまう。その他にも茹でた直後のアスパラガスを置いておく水切りトレイもあり、多様な“アスパラグッズ”を見ているだけでも文化の違いを感じて面白い。こんなにも大事にされているアスパラガス。この時期にドイツへ行くなら、是非是非味わいたい旬の野菜である。

写真のアスパラガス専用器具はWMF製品
■WMFミュンヘン
Weinstr.8, 80333 Muenchen
電話:(+49)89 29 16 48 27

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/04/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索