page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

欧州周遊ユーレイルパスとユースホステルの旅1/ドイツ編(後編)ミュンヘンのホフブラウハウス


初ドイツ、まずはマリエン広場から伝説のビアホールへ

ドイツ名物プレッツェルはビールとの相性よしです ドイツ名物プレッツェルはビールとの相性よしです

「欧州周遊ユーレイスパスとユースホステルの旅1/ドイツ編(後編)ミュンヘンYHに泊まる」からの続きです。ミュンヘンパーク・ユースホステルにチェックインして少し落ち着いた後は、皆で街へ繰り出し夕食へ。地下鉄で約10分で街の中心マリエン広場に着きました。バイエルン州の州都ミュンヘンは、ビール醸造所が多くビールの街としても有名です。そこで観光名所にもなっている老舗ビアホール「ホフブラウハウス」を目指します。かつてモーツァルトも訪れたという伝説のビアホールです。1589年、宮廷ビール醸造所として建てられたという由緒ある建物は、まるで博物館でした。

生ビールはもちろん、ノンアルビールの美味しさにビックリ

玄関を入った1階のホールは、昔ながらのビアホールといった雰囲気です。2階はレストラン、3階は大ホール。壁や階段途中に飾られた調度品やホフブラウハウスを象徴する王冠飾りなどもお見逃しなく 玄関を入った1階のホールは、昔ながらのビアホールといった雰囲気です。2階はレストラン、3階は大ホール。壁や階段途中に飾られた調度品やホフブラウハウスを象徴する王冠飾りなどもお見逃しなく

石造りの玄関を一歩入ると、その美しさに目を見張ります。いくつものアーチを描く天井には彩り豊かな植物や果物、動物などペイントが。地元バンドが入り、会社帰りの地元の人や旅行者が気持ち良さげにビールを飲んでいます。1階は満員だったので、2階のレストラン席から3階へ上がりテラス席など大小さまざまな部屋を抜けて、やっとたどり着いたのは400人は入るという大広間。席に着いて民族ダンスを見ながら、ホフブラウ・オリジナルの生ビールで旅の始まりを祝いました。本場の生ビールはもちろんですが、アルコールが飲めない旅仲間が注文したノンアルコールビールの美味しさには目が点でした。まったくノンアルコールとは思えない、深く芳醇な味わい……ぜひ日本のビール会社の人にもこれを飲んでいただき、このレベルのノンアルビールを研究して日本でも出してほしいと本気で思ったほどです。

本場のプレッツェルを初めて食す

地元スタッフが注文した料理、ローストチキンと焼き野菜サラダ添え 地元スタッフが注文した料理、ローストチキンと焼き野菜サラダ添え

おつまみにはミュンヘン名物白ソーセージ、というのが定番のようですが、筆者たちは自家製ソーセージの盛り合わせ&ザワークラウトをオーダー。いただいてみると、日本でいただく、たとえばビアレストラン・キリンシティのものとそれほど変わらない印象です。それより、地元YHスタッフが注文していた、ローストチキンと焼き野菜とマッシュルーム添え(下写真)が美味しそうでした。やはり、地元民に人気のメニューを頼めばハズさない、そんな旅の常識を再確認した次第です。それと、感動したのは初めていただくフワフワとしたプレッツェル!プレッツェルというと、恥ずかしながらアメリカ系キャリアの機内食で出てくるお菓子しか知らなかったのですが、あれは別ものですね。駅の売店には、砂糖をまぶしたスイーツ系のもの、チーズやハムを巻いて焼いたものなどいろいろな種類があったので、ぜひまた次のドイツの旅で試してみようと思います。

ノイハウザー通りを歩いて惹かれた民族衣装店

ほかにも日本のメイドカフェ屋さんが欲しがりそうなたくさんの種類の衣装がありました ほかにも日本のメイドカフェ屋さんが欲しがりそうなたくさんの種類の衣装がありました

翌日はスイスへの移動日です。列車出発までの自由時間をマリエン広場周辺で過ごしました。広場正面には新市庁舎があり、仕掛け時計のからくり人形が出るのを今か今かと待つ観光客でにぎわっていました。広場から延びるノイハウザー通りを歩いていて目を引いたのは、メイドカフェ風の可愛らしい民族衣装専門店でした。前日の夜にホフブラウハウスで女性店員が着ていた衣装です。テレビやガイド本を見てもそれほど興味がわかないのに、実際に地元で見ると、それはとても魅力的でした。中を覗くとかなりの数の種類があり、観光客のみならず地元の人向けのお店であることは一目瞭然でした。時間があれば、きっと試着してひとつはお気に入りを買っていたでしょうが、またの機会にしました。「欧州周遊ユーレイスパスとユースホステルの旅2/スイス編(前編)ミュンヘンからチューリヒへ」に続きます。
●ユーレイルパス http://www.eurailgroup.org
●協力:日本ユースホステル協会http://www.jyh.or.jp/membership

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/10/22)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索